[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

キック (kick)

pointこの用語のポイント

pointプログラムから別のプログラムを起動することだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

キック (kick)とは

あるプログラムから別のプログラムを起動させること
です。

image piyo

詳しく書くよ

既に動いているプログラムから別のプログラムを起動させるのが「キック」です。
「ほーら、動いてね~」と蹴りつけてやるイメージですね。
「キックする」のように後ろに「する」を付ける場合もあります。

キック

「キック」という表現が出てきたら「起動する」と読み替えてしまって構いません。
例えば「プログラムAからプログラムBをキックして、以降の処理はプログラムBにさせる」といった言い回しで使います。

ポイントは「プログラムから」の部分でしょうか。
人間様の手で起動することを「キック」や「キックする」とはあまり言わないと思います。

また「キック」の代わりに、日本語で「蹴る」と表現する場合もあります。
いずれにせよ意味は「起動する」です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「キック」って単語が出てきたら「プログラムからプログラムを起動するんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク