[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

UID

pointこの用語のポイント

point利用者識別用の番号だよ

pointUNIX系のOSで登場するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

UIDとは

UNIX系のOS(LinuxとかMacとか)で使用される、利用者識別用の番号のこと。
あるいは

広い意味での「ユーザID」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

UNIX系のOSLinuxとかMacとか)で使用される、利用者識別用の番号が「UID」です。
User ID」の省略表現で「UID」ですね。
IDは「他の人と区別するための番号」の意味です。

UIDは「ユーザID」を意味する用語です。
そのため、単に「利用者を識別するための番号」の意味で「UID」と表現しても間違いではありません。

ですが一般的には、UNIX系のOSで使用される利用者識別用の番号に対して使う表現です。
ベテランな技術者さんの中には、条件反射的に

UID=UNIX系OSで使用するユーザID

と読み替えてしまう人もいるので、ご注意ください。
単に「利用者を識別するための番号」という意味では使わない方が無難です。

なお、UNIX系のOSでは、パソコンさんの使用者(ユーザ)は何らかのグループに所属する形で管理されます。

UID

ユーザID同様に、グループに対しても番号が振られているのですが、こちらは「GIDグループID)」という名前が付いています。

「UID」と「GID」はセットで覚えてあげてください。
ユーザIDが「UID」でグループIDが「GID」です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「UID」って単語が出てきたら「利用者を識別するための番号なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク