[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ユーザID (user ID)

pointこの用語のポイント

point利用者識別用の番号だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ユーザID (user ID)とは

利用者を特定するために付与された、識別用の番号のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

利用者を識別するためのIDが「ユーザID」です。
IDは「他の人と区別するための番号」ね。

ユーザIDは、人間が使うシステムを作る際にはほぼ間違いなく登場します。

例えばピヨピヨシステムがあったとしましょう。
このピヨピヨシステムではピヨ太君にユーザID「1」、ピヨ子さんにユーザID「2」を割り振りました。

ユーザID

このようにすることで、以降「1」と言えばピヨ太君だし「2」と言えばピヨ子さんのことだと判断できるようになります。

ユーザID2

これがユーザIDの使い方です。
物凄い大雑把な説明ですけどね。

ユーザIDなんてものをわざわざ割り振るのは、個人をきっちりと識別するためです。
名前で区別すると、同姓同名の人がいた場合に困ります。
電話番号では、同じお家に住んでいる人は同じ番号になってしまいます。
携帯電話の番号やメールアドレスで区別しますか?
でも、いたずら電話やいたずらメールが多くて、変えちゃうかもしれませんよ?

利用者個人が管理している情報を使って識別すると、その情報が変更された場合に困ります。
そこで、利用者が変更できない管理用の情報をシステム側から割り振るのです。
そうすることで、電話番号が変わろうと、メールアドレスが変わろうと、あるいは名前が変わろうと、ピヨ太君はピヨ太君だと判別できます。

このような用途で使われるIDがユーザIDです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ユーザID」って単語が出てきたら「利用者を識別するための番号なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク