[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ファーストワンマイル (first 1 mile)

pointこの用語のポイント

pointインターネットをするときの線だよ

pointお家と最寄の電話局をつないでいる部分だよ

point「ラストワンマイル」と呼ばれる場合もあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ファーストワンマイル (first 1 mile)とは

「ラストワンマイル」のこと。
つまり

インターネットの世界において、通信事業者さんが面倒を見てくれる最後(一番端っこ)の部分のこと
であり

インターネットをするときの、お家と最寄の電話局をつないでいる部分のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

ラストワンマイル」は「インターネットをするときの、お家と最寄の電話局をつないでいる部分」ね。
このラストワンマイルの別の呼び方が「ファーストワンマイル」です。

インターネットをするときの線は、お家から出た線が直接相手のコンピュータにつながっているわけではありません。
お家から出た線は、まず最寄りの中継地点(一般的には電話局)につながっています。
そこから、あーだーこーだな線を経由して、相手のコンピュータにつながっています。

ファーストワンマイル

このときの、お家から出た線が中継点とつながるまで、お家と最寄の中継地点の間を指す言葉です。

ファーストワンマイル2

「ラスト(最後)」と「ファースト(最初)」なので逆の意味を指すように感じるかもしれませんが、同じ物を指します。
勘違いしないようにご注意くださいね。

そもそも「ラストワンマイル」には、通信事業者さんから見て「俺たちが面倒を見る最後の部分だぜ」的なニュアンスがありました。
でもお家と最寄の中継地点を結んでいる部分って、使う人から見たら、インターネットの最初の部分ですよね?
そこで「もっと使う人の立場に寄り添った言葉にした方が良いんじゃない?お客さまは大事にしなくっちゃ」な観点から「ファーストワンマイル」と呼ぶ場合もあるようです。

「ファーストワンマイル」という言葉を意図的に使っている企業は「俺たちは使う人目線に立ってる良い企業だぜ!」とアピールしているのでしょう。
調べてはいませんが、恐らく歴史的には「ラストワンマイル」の方が先に登場していると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ファーストワンマイル」って単語が出てきたら「お家と最寄りの中継地点をつないでいる部分なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク