[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

足回り回線

pointこの用語のポイント

point回線だよ

pointお家とプロバイダをつないでる部分だよ

point「アクセス回線」と呼ばれることもあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

足回り回線とは

「アクセス回線」のこと。
つまり

インターネットをするときの、お家とプロバイダをつないでいる部分の回線のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

最初に注意事項です。
このページの説明は「アクセス回線」の説明とほとんど同じです。
既に「アクセス回線」の説明をご覧になった方は、ここから先を読んでもあまり意味が無いと思います。

それでは、足回り回線の説明を書いていきます。
まずは予備知識からいきましょう。

プロバイダは、正式名称が「インターネットサービスプロバイダ」で「あなたの使っている回線とインターネットの世界をくっつけてくれる業者さん」ね。
インターネットの世界の郵便局みたいなものだとお考えください。

回線は「データの通り道」です。
電話線とか光ファイバーな線のことですね。

インターネットをするときには、回線とプロバイダが必要です。

例えば、ピヨ太君がピヨ子さんに、インターネットを経由してデータを送ったとしましょう。

ピヨ太君のパソコンさんから出たデータは、回線を通ってプロバイダに到着します。

足回り回線

プロバイダは受け取ったデータを、ピヨ子さん最寄のプロバイダに送ります。

足回り回線2

ピヨ子さん最寄のプロバイダは、受け取ったデータをピヨ子さんに届けます。

足回り回線3

これがインターネットでデータを送ったときの流れです。

足回り回線4

この流れにおいて、ピヨ太君とプロバイダ、ピヨ子さんとプロバイダを結んでいる回線が「足回り回線」です。
「足回り回線」という呼び方をするのはどちらかと言うと稀で「アクセス回線」という呼ばれ方の方が一般的です。

足回り回線5

より厳密に言うと、お家と最寄の電話局を結ぶところまでが足回り回線ですけどね。
つまり、お家から出た線が何らかの中継地点に届くまでの回線部分です。

足回り回線6

あと、ついでなんで書いておくと、プロバイダ同士を結んでいる線は「バックボーン回線」と呼ばれています。

足回り回線7

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「足回り回線」って単語が出てきたら「お家とプロバイダをつないでいる部分の回線なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク