[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

HTTPS

pointこの用語のポイント

pointHTTPとSSLが合体したよ

point暗号化通信だよ

pointインターネットで使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

HTTPSとは

「HTTP」と「SSL」が合体した姿。
もう少し詳しく書くと

通信するときのお約束事のひとつで、インターネットで暗号化通信を行うときに使うお約束事
です。

image piyo

詳しく書くよ

HTTP」+「SSL」で「HTTPS」です。

HTTPS

HTTPは「ホームページファイルを受け渡しするときに使うお約束事」ね。
よく分からない人は「インターネットをするときに使うお約束事」と解釈しても、かまいません。

SSLは「インターネット上で暗号化通信するときに使うお約束事」です。

つまり「やり取りする内容が暗号化されるHTTP(っぽいやつ)」が「HTTPS」です。
Hypertext Transfer Protocol over Secure Socket Layer(ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコル・オーバー・セキュア・ソケット・レイヤー)」の略で「HTTPS」ですが、無理に覚える必要はありません。

HTTPS2

HTTPでやり取りするときは、通信の内容が暗号化されません。
悪い人が途中で盗み見ると、やり取りする内容がバレてしまいます。

HTTPS3

そこで「やり取りする内容を暗号化する、HTTPと似ているお約束事」が作られました。
それがHTTPSです。

HTTPSでは通信の内容が暗号化されます。
悪い人が途中で盗み見ても、やり取りする内容がバレにくい理屈です。

HTTPS4

いまいちイメージできない人は、郵便配達のお兄さんを想像してください。

HTTPS5

HTTPさんは、あなたから預かったお手紙をスケスケのカバンに入れて配達してくれます。

HTTPS6

HTTPSさんは、あなたから預かったお手紙を黒いカバンに入れて配達してくれます。

HTTPS7

あなただったら、どちらのお兄さんに郵便を配達して欲しいですか?
それがHTTPとHTTPSの違いです。

あなたが作る側の人なら「商品お申込み画面は『HTTPS』にして~」や「個人情報の入力は『HTTPS』で~」のような言い回しを聞く機会があるかもしれません。
これは「盗まれると困る情報だから暗号化して通信しますねー」という意味合いのことを言っています。
キーワードとなるのは「インターネット(ホームページ)」と「暗号化」です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「HTTPS」って単語が出てきたら「通信内容が暗号化されるHTTPっぽいやつなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク