[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ファイルタイプ (file type)

pointこの用語のポイント

pointファイルの種類だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ファイルタイプ (file type)とは

「ファイルの種類」をカッコつけて言った言葉
です。

image piyo

詳しく書くよ

ファイル」+「タイプ」で「ファイルタイプ」です。

ファイルタイプ

ファイルは、コンピュータの世界における「書類」ね。

ファイルタイプ2

タイプは、普通に英語の「type」、つまり「種類」のことです。

わざわざ、もったいぶって書く必要もありませんでしたね。
ファイルタイプと出てきたら「ファイルの種類」と読み替えてしまって構いません。
「ファイルの種類」を横文字にしたのが「ファイルタイプ」です。

ファイルタイプ3

「ファイルタイプ」という用語の意味をわざわざ調べようとしている方は

ファイルタイプがサポートされていません

というエラーメッセージを見かけたのがきっかけの人も多いのではないでしょうか。
このエラーは、一言で言ってしまえば「その種類のファイルを、どのソフトで開けばいいか分からないよ」なエラーです。

実は、すべてのファイルはファイルタイプを持っています……と書くと難しそうですが、日本語に直すと「すべてのファイルには種類があります」です。
当たり前の話ですね。
そして、コンピュータさんは、ファイルの種類ごとに動かすソフトを決めています。

例えば「ぴよ.txt」という名前のファイルがあったとしましょう。
この「ぴよ.txt」はテキストファイル(中身が文字だけのファイル)です。
「ぴよ.txt」を開くと、メモ帳ソフトで中身が表示されます。

このときのコンピュータさんは「よし!『ぴよ.txt』はメモ帳で開こう!」と考えているわけではありません。
「よし!テキストファイルはメモ帳で開こう!」と考えているのです。

ファイルタイプ4

WordでもExcelでもそうです。個別のファイルを見て、そのファイルを開くソフトを決めているわけではありません。ファイルの種類を見て、動かすソフトを決めています。

「ファイルには種類があり、ファイルの種類によって、そのファイルを開くソフトが決まる」というのを覚えておいてください。ここがポイントです。

さて、ここで先程のエラーメッセージをもう一度見てみましょう。

ファイルタイプがサポートされていません

です。

ファイルには種類があります。
コンピュータさんはファイルの種類を見て、そのファイルをどのソフトで開くか決めています。

そのファイルがコンピュータさんの見たことのない種類のファイルだったら、どうでしょう?
どのソフトで開けば良いか分からないですよね?

そんな状態に陥っているのがエラーの原因です。
精一杯の虚勢を張って小難しそうな言い回しをしていますが、

ファイルタイプがサポートされていません
  ↓
ファイルの種類がサポートされていません
  ↓
ファイルの種類が分かんねーんだよ!こんちくしょう!
  ↓
だから、どのソフトで開けば良いか分からないよ……ふぇぇ


と涙目になっているのです。

これを解消するには「この種類のファイルはこのソフトで開いてね」とコンピュータさんに教えてあげる必要があります。
教えてあげる方法は媒体によって違うので、具体的な対処方法はここでは書けません。頑張って情報を探してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ファイルタイプ」って単語が出てきたら「『ファイルの種類』をカッコつけて言ったんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク