[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ダブルクォート (double quote)

pointこの用語のポイント

point文字だよ

point「”」だよ

point「ダブルクォーテーション」と呼ばれる場合もあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ダブルクォート (double quote)とは

「ダブルクォーテーション」のこと。
つまり

『”』のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

ダブルクォーテーションは「"」ね。
このダブルクォーテーションの別名が「ダブルクォート」です。まぁ、ほとんど同じですけどね。

Windows用のキーボードの場合ですが、Shiftキーを押しながら数字の「2」を押すと「"」が入力されますよね。
そいつがダブルクォートです。

ダブルクォート

ダブルクォートは、プログラミング言語においては、文字列を示す囲み文字としてよく登場します。

hoge = "文字列ですよ~"

のような形ですね。

ちなみにPHPなどでは「シングルクォート(')」も文字列を示す囲み文字として使えますが、ダブルクォートで囲った場合とシングルクォートで囲った場合では動きが異なります。

例えば

$str = "hoge";
print "$str";
print '$str';


の実行結果は

hoge$str

になります。
ダブルクォートで囲った方は変数の中身が展開されますが、シングルクォートで囲った方は書いた通りの文字がそのまま使われるのです。
細かい動きは言語ごとに微妙に異なるので、専門的に説明しているサイトをご覧ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ダブルクォート」って単語が出てきたら「『”』のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク