[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ソーシャルエンジニアリング (social engineering)

pointこの用語のポイント

point(悪い意味での)ハッキングだよ

point現実世界で情報を盗むよ

pointパソコンを使わないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ソーシャルエンジニアリング (social engineering)とは

パソコン音痴の人でもやれる(悪い意味での)ハッキングのやり方
であり

パスワードの入力を盗み見たり、仲良くなって大事な情報を聞き出したり、パソコンさんを使わないで現実世界で行う(悪い意味での)ハッキングのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「ハッキング」について説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

ハッキングの本来の意味は「コンピュータに関する深い知識を駆使して、なんかスゴいことをやること」です。
ただし、悪い意味で「コンピュータを使って悪いことをすること」を指す場合もあります。

今回は後者の「コンピュータを使って悪いことをすること」と解釈してください。
こだわり派な人からは「クラッキング」と呼ばれている行為です。
他の人のコンピュータに侵入してムフフな画像を漁ったり、他の人がやり取りしているメールをこっそり盗み見たり、コンピュータの世界で悪いことをすることを指します。

ソーシャルエンジニアリング

(悪い意味での)ハッキングについては、何となく分かったでしょうか。
それを踏まえて、読み進めてください。

ハッキングは、基本的にコンピュータを使って行います。

そうです。
「基本的には」です。

コンピュータを使わないやり方も、あります。

例えば、誰かがパスワードをぽちぽち入力しているのを後ろから「チロっ|-)」と覗いたりですね。

ソーシャルエンジニアリング2

管理者と仲良くなって、飲みに行ったときに「うぃ~、そーいや、アレのパスワードって何?」と、さり気なく聞き出したりですね。

ソーシャルエンジニアリング3

あるいは、ゴミ箱やシュレッダーの中をゴソゴソ漁って大事な情報が書かれたメモを探したりですね。

ソーシャルエンジニアリング4

その気になればパソコン音痴の人でもやれるような悪いことです。

このような、コンピュータを使わないで情報を盗み出す行為が「ソーシャルエンジニアリング」です。
カッコつけて言えば「オフラインでのハッキング」ですね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ソーシャルエンジニアリング」って単語が出てきたら「コンピュータを使わないで行う(悪い意味での)ハッキングなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク