[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

トリガー (trigger)

pointこの用語のポイント

point何かのきっかけだよ

pointもしくは、何かのきっかけで動き出すものだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

トリガー (trigger)とは

きっかけとなる何かのこと。
もしくは

何かのきっかけで動き出すもののこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

きっかけとなるもの、もしくは、そのきっかけによって動き出すものがトリガーです。

例えば、そうですね。

ある日のことです。
ピヨ太君はピヨ子さんのおやつを勝手に食べてしまい、すごい怒られました。

トリガー

その日以来、ピヨ子さんはピヨ太君と口をきいてくれません。

トリガー2

ピヨ太君のつまみ食いをきっかけにして、ピヨ子さんはぷんすかと怒りだしました。
このような状態を、コンピュータ的には

ピヨ太君のつまみ食いをトリガーにして、ピヨ子さんがご立腹した

と言います。

これが本来の意味の「トリガー」ですが、きっかけそのものではなく、きっかけによって動き出す方を「トリガー」と呼ぶ場合もあります。

例えば、そうですね。

Oracleなどのデータベースでは、データの追加や更新など、何らかの操作をされたタイミングで動き出すプログラムを作って埋め込むことができます。
Aの箱に人間様がデータを入れるとその内容をBの箱にコピーしてくれるプログラム、とかです。

トリガー3

このように、何らかのきっかけで動き出すプログラムも「トリガー」と呼びます。

トリガー4

データベース関連で登場する「トリガー」、もしくは「○○トリガー」のように名詞として使った場合は「何かのきっかけで動き出すもの」を指すことが多いです。
「○○をトリガーとして」のような言い方の場合は「きっかけ」と読み替えてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「トリガー」って単語が出てきたら「何かのきっかけ、もしくは何かのきっかけで動き出すものなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク