[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

マジックパケット (Magic Packet)

pointこの用語のポイント

pointWake on LANで登場するよ

pointパケットだよ

point電源を入れるきっかけとなるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

マジックパケット (Magic Packet)とは

パソコンさん向けモーニングコール機能で登場する「早く起きろ!」な連絡のこと。
もう少し真面目に書くと

遠隔操作でコンピュータの電源を入れるための仕組み(Wake on LAN)において、電源が入るきっかけとして送られる信号のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「Wake on LAN」について説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

Wake on LANは「遠隔操作でパソコンの電源を入れるための仕組み」です。
イメージは、コンピュータさんの世界のモーニングコールです。

他のパソコンさんから思い切りボールを投げます。

マジックパケット

ボールが寝ているパソコンさんにぶつかります。

マジックパケット2

寝ているパソコンさんは痛さで目が覚めます。

マジックパケット3

これがWake on LANの仕組みです。

もう少し実際のコンピュータに近い形で見てみましょう。

たたき起こす方のパソコンさんは、とあるデータを、寝ているパソコンさんに送ります。

マジックパケット4

とあるデータは寝ているパソコンさんにぶつかります。

マジックパケット5

とあるデータがぶつかったパソコンさんは痛さに目を覚まします。
つまり、電源が入ります。

マジックパケット6

以上を踏まえて、Wake on LANの仕組みにおいてパソコンさんを起こすためにぶつけた「とあるデータ」が「マジックパケット」です。
モーニングコールで言えば「早く起きろ!」な連絡に相当します。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「マジックパケット」って単語が出てきたら「遠隔操作でパソコンの電源を入れるときに使われる信号なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク