[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

SPFレコード

pointこの用語のポイント

pointゾーンファイルの中身だよ

pointコメント行だよ

point送信元メールサーバの情報が書かれているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

SPFレコードとは

DNSサーバさんのお仕事用資料に書かれた「このメールアドレスのメールはこのメールサーバから送られま~す」な情報のこと。
もう少し具体的に書くと

権威DNSサーバさんがお仕事で使う対応表(ゾーンファイル)の中身で、実際にはただのコメント行(TXTレコード)なんだけど、特別な書き方をすることで「このメールアドレスのメールはこのメールサーバから送られま~す」な情報を表現したもの
です。

image piyo

詳しく書くよ

SPF」は「メール送信元をチェックする仕組み(の中の一つ)」ね。
メールを受け取ったメールサーバさんは、DNSサーバさんに「このメールアドレスからメールを送ってくる奴って誰?」と問い合わせをします。

SPFレコード

DNSサーバさんはお仕事用の資料を見て「あー、そのメールアドレスのメールは○○メールサーバから送られてるはずだよ」とお返事をします。

SPFレコード2

メールサーバさんは、その情報を元に、送信元が○○メールサーバかどうかをチェックします。

SPFレコード3

かなり大雑把な説明ですが、これがSPFの仕組みです。

SPFの仕組みにおいて、DNSサーバさんは「そのメールアドレスのメールは○○メールサーバから送られてるはずだよ」とお返事をしました。
この「そのメールアドレスのメールは○○メールサーバから送られてるはず」が書いてあるのが「SPFレコード」です。

もう少し具体的に見てみましょう。

権威DNSサーバDNSコンテンツサーバ)と呼ばれるDNSサーバさんは、IPアドレスドメイン名の対応表を使ってお仕事をしています。
この対応表は「ゾーンファイル」という名前です。ゾーンファイルの中身の一行一行は「DNSレコード」と言います。

SPFレコード4

ゾーンファイルの中身のDNSレコードは、書き方によって、いくつかの種類に分類されます。
例えば

ns1.exmaple.com.     IN A            198.51.100.2

のように「IN」の後ろに「A」を書いた行は「Aレコード」です。
Aレコードは「○○ドメイン名に対応するIPアドレス(IPv4形式)は、××で~す」を表現しています。

DNSレコードにはAレコードをはじめとして、SOAレコードNSレコードMXレコードなど、いくつかの種類があります。

ところが困ったことにですね。

この中に「SPFレコード」は無いのです。
最初に「DNSレコードでどんな情報を表現する?」と決めたときに「送信元メールサーバも表現してやろうぜ!」とはならなかったのです。
そのため、元々「SPFレコード」と呼ばれる行はありません。後付けで生まれました。

じゃあ「SPFレコード」を増やすとしましょうか。

でも、DNSレコードの種類を増やすのはとっても大変です。
全世界のDNSサーバさんの動きを変える必要がありますからね。
本音で言えば、そんなことはやりたくありません。

そこで、SPFレコードを増やすのは諦めました。
元々ある「TXTレコード」と呼ばれる、メモ書き用の行を有効活用することにしたのです。

TXTレコードは単純にメモ書きを書いておくための行で、コンピュータ的には何の意味も持ちません。
例えば

exmaple.com.     IN TXT            "2014-08-17新規登録↓"

のように書いて、人間様用のメモ書きとして使うのが本来の役割です。
ここに

exmaple.com.     IN TXT            "この行はSPFレコードです。差出人が「~~@example.com」なメールはピヨ太メールサーバから送られま~す"

と書くことにしました。
最初に「この行はSPFレコードです。」と書いてあるTXTレコードをSPFレコードとして扱うことに決めたのです。

これで問題は解決ですね。
DNSレコードの種類を増やすことなく、SPFレコードを追加できました。

これがSPFレコードです。
「このメールアドレスのメールはこのメールサーバから送られま~す」な情報を表現した行で、実際にはTXTレコードを使っています。

SPFレコードの書き方については、面倒くさいのでここでは説明しません。いろいろな書き方ができるので。
参考までに一つだけ例を書いておくと、例えば

IN TXT "v=spf1 ip4:198.51.100.1 ~all"

のような書き方をします。なんか見てもよく分かりませんよね。
この例では「198.51.100.1」から送られたメールは真っ当に送られたメールだよ、それ以外から送られたメールはインチキだよ、な意味を表現しています。
他にも、あーだこーだと指定方法はいろいろあるので、必要に応じて専門的に解説しているところで情報を補完してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「SPFレコード」って単語が出てきたら「「このメールアドレスのメールはこのメールサーバから送られま~す」な情報を表現したコメント行なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク