[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ネガティブキャッシュ (negative cache)

pointこの用語のポイント

pointDNSサーバさんが見るカンペだよ

point「分かりませ~ん」と答えた内容がメモってあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ネガティブキャッシュ (negative cache)とは

「問い合わせたけど、そんなの知らないって言われた~」な情報をメモっておく、DNSサーバさんが見るカンペ
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずはDNS関連のあれやこれやから説明していきます。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

DNSは「IPアドレスドメイン名の紐付けをしまっせシステム」です。

パソコンさんはIPアドレスしか分かりません。
ドメイン名を見せられても「う~ん、どこの住所だろう」と困ってしまいます。

ネガティブキャッシュ

一方、人間様はIPアドレスがピンときません。
例えば「198.51.100.1」と「198.51.100.10」と「198.51.100.11」の違いなんて、パッと見で分かりませんよね。
うっかりミスも増えそうです。

ネガティブキャッシュ2

そのため、コンピュータさんはコンピュータさんが分かりやすい形式の住所(IPアドレス)、人間様は人間様が分かりやすい形式の住所(ドメイン名)を扱えるような仕組みがあります。
具体的には、事前にIPアドレスとドメイン名の対応付けを行っておいて、必要に応じて変換するのです。

ネガティブキャッシュ3

このIPアドレスとドメイン名を変換してくれる仕組みをDNSと言います。
変換のお仕事を生業にしているサーバさんが「DNSサーバ」です。

ネガティブキャッシュ4

さて、このDNSサーバさんですが、大きく分けて2種類あります。

一つは、自分の管理している情報を教えてあげるのがお仕事のDNSサーバさんです。
自分の中にIPアドレスとドメイン名の対応表を持っていて、問い合わせに対して「あー、そのIPアドレスはこのドメイン名だね~」「そのIPアドレスはこのドメイン名だよ~」と答えてあげます。対応表に載っていなければ「知らないな~」と答えます。
このDNSサーバさんは「権威DNSサーバ」や「DNSコンテンツサーバ」と呼ばれています。

ネガティブキャッシュ5

もう一つは、どんな手を使おうともお問い合わせに答えてあげるのがお仕事のDNSサーバさんです。
問い合わせがあると、答えを知っていそうなDNSサーバさんに「ねーねー。こんな問い合わせが来たんだけど、答え教えてよ」と訊きに行きます。言わばカンニング野郎です。
このカンニング野郎なDNSサーバを「フルサービスリゾルバ」と言います。

ネガティブキャッシュ6

フルサービスリゾルバさんには「キャッシュ」と呼ばれる仕組みが組み込まれています。
何回も同じ内容を問い合わせちゃったら、他のDNSサーバさんもうんざりしますよね?
そこで一度問い合わせた内容は、自分の中にメモっておきます。カンペを作っておくのです。

ネガティブキャッシュ7

問い合わせがあったときは、まず自分の中にあるカンペに答えが載っていないかを探します。
カンペを見ても載っていなければ、そのときはじめて、他のDNSサーバさんに助けを求めるのです。
意外と気遣いのできる奴ですね。

ネガティブキャッシュ8

さて、このDNSサーバさんが使うカンペですが、実は2種類あります。
「あー、その答えはこれだよー」と教えてもらった内容をメモしておくカンペと「えー、その答えはこっちも知らないなー」と言われた内容をメモっておくカンペです。

この2種類のカンペ(キャッシュ)のうち「えー、その答えはこっちも知らないなー」と言われた内容をメモっておくカンペが「ネガティブキャッシュ」です。
見つからなかったー!な情報、ネガティブな情報をメモっておくキャッシュだからネガティブキャッシュですね。

「えっ?そんなこと訊かれても分からないよ」な問い合わせを受けたDNSサーバさんは「分かりませ~ん」と返します。

ネガティブキャッシュ9

ですが、人というのは自分の過ちを中々認めたがらないものです。大抵の場合、もう一度同じ内容の問い合わせがきます。
間違い電話が掛かってきて「いえ、鈴木さんじゃありません」と言って切ったのに、直後にまた「鈴木さんのお宅ですか?」と電話が掛かってくるのと一緒ですね。

ネガティブキャッシュ10

DNSサーバさんも同じような経験が多々あり、その度に調べるのはかったるいのです。
そこで「分かりませ~ん」な答えもカンペ(ネガティブキャッシュ)にメモるようにしました。

SOAレコード11

これでまた同じ質問が来ても大丈夫ですね。カンペを見て答えられます。

SOAレコード12

この「分かりませ~ん」と答えた内容をメモったカンペがネガティブキャッシュです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ネガティブキャッシュ」って単語が出てきたら「分かりませ~んと答えた内容が書いてあるDNSサーバさん用のカンペなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク