[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

セカンダリDNSサーバ (secondary DNS server)

pointこの用語のポイント

point権威DNSサーバだよ

pointメインがぶっ壊れたとき用のサブとして動いている奴だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

セカンダリDNSサーバ (secondary DNS server)とは

メインで動いている権威DNSサーバがぶっ壊れたとき用の、サブのDNSサーバのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

まず最初に、このページの説明は「DNS」「DNSサーバ」「権威DNSサーバ」の意味を理解している前提で記載します。
簡単に補足はしますが、可能であれば、上記の用語の意味を理解してから続きをご覧ください。

それでは順番に見ていきましょう。

DNSサーバにはフルサービスリゾルバDNSキャッシュサーバ)と権威DNSサーバ(DNSコンテンツサーバ)の2種類があります。

一般的には、パソコンさんからの問い合わせはフルサービスリゾルバさんが受け付けて対応しますが、フルサービスリゾルバさんが対応しきれない場合には、権威DNSサーバさんに「こんな問い合わせが来たんだけど、知ってたら教えて~」と助けを求めます。

セカンダリDNSサーバ

権威DNSサーバさんは、フルサービスリゾルバさんからの問い合わせに対して、分かる範囲で答えてあげます。

セカンダリDNSサーバ2

この権威DNSサーバさんは、普通、同じような奴が2台同時に動いています。どっちかがぶっ壊れても困らないようにです。

セカンダリDNSサーバ3

この2台の権威DNSサーバさんのうち、メインがぶっ壊れたとき用のサブが「セカンダリDNSサーバ」です。
メインに何かあったときに頑張ります。

セカンダリDNSサーバ4

ちなみにメインで動いている方の権威DNSサーバさんは「プライマリDNSサーバ」と言います。
こいつは、普段から頑張ってお仕事をしています。

セカンダリDNSサーバ5

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「セカンダリDNSサーバ」って単語が出てきたら「メインがぶっ壊れたとき用のサブの権威DNSサーバなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク