[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

TXTレコード

pointこの用語のポイント

pointゾーンファイルの中身だよ

pointコメントが書かれているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

TXTレコードとは

権威DNSサーバさんがお仕事で使う対応表(ゾーンファイル)の中身で、コメントが書かれている行のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

まず最初に、このページの説明は「DNS」「DNSサーバ」「権威DNSサーバ」「ゾーンファイル」の意味と関係性を理解している前提で記載します。
簡単に補足はしますが、可能であれば、上記の用語の意味を理解してから続きをご覧ください。

それでは順番に見ていきましょう。

DNSサーバにはフルサービスリゾルバDNSキャッシュサーバ)と権威DNSサーバ(DNSコンテンツサーバ)の2種類があります。

一般的には、パソコンさんからの問い合わせはフルサービスリゾルバさんが受け付けて対応しますが、フルサービスリゾルバさんが対応しきれない場合には、権威DNSサーバさんに「こんな問い合わせが来たんだけど、知ってたら教えて~」と助けを求めます。

TXTレコード

権威DNSサーバさんは、仕方ないのでフルサービスリゾルバさんを助けてあげることにしました。
自分の管理しているエリアの情報が書かれているファイル(ゾーンファイル)を見て、フルサービスリゾルバさんからの問い合わせに答えてあげます。

TXTレコード2

権威DNSサーバさんはゾーンファイルを見ながらお仕事をしています。
ゾーンファイルの中には、いろいろな情報が書かれています。

そのいろいろな情報の中の一つで、好きにコメントが書ける行が「TXTレコード」です。
コメントには好きな文字列を設定できるので、特定の書式でコメントを書くことで特別な意味を持たせるといった使い方をされたりもします。
特別な意味を持たせた使い方については、後述します。

TXTレコードを書く際の書式は、以下の通りです。

【ドメイン名】     IN TXT            【コメント】

実際のTXTレコードは、例えば以下のような内容になります。

ns1.exmaple.com.     IN TXT            "ぴーよぴよぴよ"

「IN」の後ろに「TXT」と書いてありますよね。それがTXTレコードの目印です。

それでは項目を一つずつ見ていきますね。

「ドメイン名」は対象となるドメイン名です。
省略表記もいろいろありますので、興味のある方は適当に調べてみてください。

「IN」は「クラス名」と呼ばれる部分ですが、決まり文句だと思って構いません。
ちなみに「IN」は「Internet」の「IN」です。IN/OUTの「IN」ではありませんのでご注意ください。

「コメント」は、コメントです。そのまんまですね。好きな文字列を設定することができます。

コメント部分には好きな文字列を設定できます。
好きな文字列を設定できるということは、書式を自由に決められるということです。
そのため、あらかじめ決めておいたルールに沿った書き方をしているコメントに対しては特別な意味を持たせる、といった使い方もできます。

コメントに特別な意味を持たせる使い方の有名どころは「SPFレコード」でしょう。
SPFレコードは、メール送信側から出す「こーゆーところからメールが行くから。それ以外はインチキだから」な情報です。

例えば

IN TXT "v=spf1 ip4:198.51.100.1 ~all"

のような書き方をします。

詳細は割愛しますが、この例は「198.51.100.1」から送られたメールは真っ当に送られたメールだよ、それ以外から送られたメールはインチキだよ、な意味になります。
あとは受信側で内容を吟味して「198.51.100.1」から送られたメール以外は無視しちゃえば良いですよね。

このような行をSPFレコードと言うのですが、結局はこれもTXTレコードです。
TXTレコードの中身、コメント部分の書き方にルールを作ることで、特別な意味を持たせています。

TXTレコードのポイントはそんなところでしょうかね。
「TXTレコードはコメント行である」「コメント部分の書式にルールを設けることで、特別な意味を持たせる場合がある」というのを覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「TXTレコード」って単語が出てきたら「コメントが書いてあるんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク