[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

PTRレコード

pointこの用語のポイント

pointAレコード(AAAAレコード)の逆だよ

pointゾーンファイルの中身だよ

pointIPアドレスに対応するドメイン名が書かれているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

PTRレコードとは

「Aレコード(AAAAレコード)」の逆。
つまり

権威DNSサーバさんがお仕事で使う対応表(ゾーンファイル)の中身で、IPアドレスに対応するドメイン名が書かれている行のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

まず最初に、このページの説明は「DNS」「DNSサーバ」「権威DNSサーバ」「ゾーンファイル」の意味と関係性を理解している前提で記載します。
簡単に補足はしますが、可能であれば、上記の用語の意味を理解してから続きをご覧ください。

それでは順番に見ていきましょう。

DNSサーバにはフルサービスリゾルバDNSキャッシュサーバ)と権威DNSサーバ(DNSコンテンツサーバ)の2種類があります。

一般的には、パソコンさんからの問い合わせはフルサービスリゾルバさんが受け付けて対応しますが、フルサービスリゾルバさんが対応しきれない場合には、権威DNSサーバさんに「こんな問い合わせが来たんだけど、知ってたら教えて~」と助けを求めます。

PTRレコード

権威DNSサーバさんは、仕方ないのでフルサービスリゾルバさんを助けてあげることにしました。
自分の管理しているエリアの情報が書かれているファイル(ゾーンファイル)を見て、フルサービスリゾルバさんからの問い合わせに答えてあげます。

PTRレコード2

権威DNSサーバさんはゾーンファイルを見ながらお仕事をしています。
ゾーンファイルの中には、いろいろな情報が書かれています。

そのいろいろな情報の中の一つで、IPアドレスに対応するドメイン名が書いてある行が「PTRレコード」です。

PTRレコードを書く際の書式は、以下の通りです。

【IPアドレスをとある書式に従って変換したもの】     IN PTR            【ドメイン名】

実際のPTRレコードは、例えば以下のような内容になります。

2.100.51.198.in-addr.arpa.     IN PTR            example.com.

「IN」の後ろに「PTR」と書いてありますよね。それがPTRレコードの目印です。

それでは項目を一つずつ見ていきますね。

「IPアドレスをとある書式に従って変換したもの」はIPアドレス……をある手順に従って、変換したものです。
適当なIPアドレス

198.51.100.2

を使って、変換の手順を見てみましょう。

まず「.」で区切ってIPアドレスの前後を逆にします。
そうすると

2.100.51.198

になります。

次に、元のIPアドレスが「192.168.1.1」のようなIPv4形式だった場合は、後ろに「.in-addr.arpa.」を付けます。
「8fe0::8f61:ac8:30cd:a16e」のようなIPv6形式だった場合は、後ろに「.ip6.arpa.」を付けます。

今回の例ではIPv4形式なので、後ろに「.in-addr.arpa.」を付けます。
そうすると

2.100.51.198.in-addr.arpa.

になります。

これで変換は完了です。

【IPアドレスを前後逆にしたもの】+「.in-addr.arpa.」 or 「.ip6.arpa.」

が、変換のルールです。

次に「IN」は「クラス名」と呼ばれる部分ですが、決まり文句だと思って構いません。
ちなみに「IN」は「Internet」の「IN」です。IN/OUTの「IN」ではありませんのでご注意ください。

「ドメイン名」は、そのまんまドメイン名です。
IPアドレスに対応するドメイン名を記載します。

そんなところでしょうかね。
IPアドレスからドメイン名を調べるときは「AレコードAAAAレコード)」、ドメイン名からIPアドレスを調べるときは「PTRレコード」です。
セットで覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「PTRレコード」って単語が出てきたら「IPアドレスに対応するドメイン名が書いてあるんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク