[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

DNSレコード

pointこの用語のポイント

pointゾーンファイルの中身だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

DNSレコードとは

ゾーンファイルの中身。
もう少し細かく書くと

権威DNSサーバさんがお仕事で使うIPアドレスとドメイン名の対応表(ゾーンファイル)に書かれている、それぞれの行のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

説明が長くなってしまうので、このページの説明は「DNS」「DNSサーバ」「権威DNSサーバ」「フルサービスリゾルバ」「ゾーンファイル」の意味と関係性を理解している前提で記載します。
簡単に補足はしますが、可能であれば、上記の用語の意味を理解してから続きをご覧ください。

それでは順番に見ていきましょう。

DNSサーバにはフルサービスリゾルバ(DNSキャッシュサーバ)と権威DNSサーバ(DNSコンテンツサーバ)の2種類があります。

一般的には、パソコンさんからの問い合わせはフルサービスリゾルバさんが受け付けて対応しますが、フルサービスリゾルバさんが対応しきれない場合には、権威DNSサーバさんに「こんな問い合わせが来たんだけど、知ってたら教えて~」と助けを求めます。

DNSレコード

権威DNSサーバさんは、自分の管理しているエリアの情報が書かれているファイル(ゾーンファイル)を見て、フルサービスリゾルバさんからの問い合わせに答えてあげます。

DNSレコード2

この流れにおいて、権威DNSサーバさんがチラ見したゾーンファイルの中身、一行一行が「DNSレコード」です。

ゾーンファイルの中身は、例えば以下のような内容になっています。

$TTL    86400
@     IN SOA ns1.example.com. postmaster.example.com. (
        2014033101
        10800
        3600
        604800
        86400 )

; name server
        IN NS         ns1.example.com.
        IN NS         ns2.example.com.

; mail server
        IN MX 10     mail.example.com.

; IP Address
        IN A            198.51.100.2
ns1     IN A            198.51.100.2
www     IN A            198.51.100.2
mail    IN A            198.51.100.2
hoge    IN A            198.51.100.2

sub    IN CNAME        hoge


このゾーンファイルの中身1行1行がDNSレコードです。

@     IN SOA ns1.example.com. postmaster.example.com. (
        2014033101
        10800
        3600
        604800
        86400 )


        IN NS         ns1.example.com.

        IN MX 10     mail.example.com.

ns1     IN A            198.51.100.2

sub    IN CNAME        hoge

等ですね。
「IN」の後ろの項目は行の種類を表します。
種類によって「Aレコード」「MXレコード」のように「○○レコード」と呼ばれるのが一般的です。

主なDNSレコードの種類は以下の通りです。
簡単な説明は付けておきますが、詳細はそれぞれの用語の解説をご覧ください。

DNSレコードの種類説明
SOAレコードゾーン(管理する範囲)に関する情報あれこれが書かれた行
NSレコード管理を委託しているDNSサーバさんの名前が書かれた行
MXレコードそのドメイン宛のメールの配送先メールサーバが書かれた行
Aレコードドメイン名に対応するIPアドレスIPv4形式)が書かれた行
AAAAレコードドメイン名に対応するIPアドレス(IPv6形式)が書かれた行
CNAMEレコードドメイン名に付けた別名(あだ名)が書かれた行
PTRレコードIPアドレスに対応するドメイン名が書かれた行(Aレコードの逆)
HINFOレコードそのドメイン名に割り当てられた機器の追加情報(ハードウェアCPU)の情報とOSの情報)が書かれた行
WKSレコードそのドメイン名に割り当てられた機器で動いているサービスが書かれた行
TXTレコードコメント等の、なんか適当な文章が書かれた行

そんなところでしょうかね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「DNSレコード」って単語が出てきたら「権威DNSサーバさんがお仕事で使うネタ帳の中身なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク