[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

日本語JPドメイン名

pointこの用語のポイント

pointJPドメイン名だよ

point「○○.jp」の「○○」の部分が日本語だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

日本語JPドメイン名とは

「○○.jp」の「○○」の部分が日本語表記になっているJPドメイン名(ドメイン名の一番右側の部分が「.jp」になっているドメイン名)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「ドメイン名」のあれやこれやについて簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

ドメイン名は「IPアドレスに付けた人間様向けの名前」ね。

日本語JPドメイン名

ドメイン名は「.(ピリオド)」で区切られていて、右に行くほど大きな括りになります。

例えば

wa3.i-3-i.info

というドメイン名があったとしましょう。

これは

「info」にある「i-3-i」にある「wa3」

を意味します。

「info」県「i-3-i」市「wa3」地区

と同じイメージです。

ドメインを「.(ピリオド)」で区切った際の県に相当する部分、一番右の「info」の部分を「トップレベルドメイン」と言います。

日本語JPドメイン名2

トップレベルドメインは2種類あります。
それは

1.国ごとに割り当てられたトップレベルドメイン
2.分野ごとに割り当てられたトップレベルドメイン


の2つです。
これは

1.その国に住んでいる人が使えるトップレベルドメイン
2.どこの国の人でも使えるトップレベルドメイン


とも言えます。

この2種類のトップレベルドメインのうち

1.国ごとに割り当てられたトップレベルドメイン
(1.その国に住んでいる人が使えるトップレベルドメイン)


を「国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)」と言います。
日本に割り当てられているccTLDは「.jp」です。

日本語JPドメイン名3

ドメイン名の一番右側が「.jp」になっているドメイン名の一般的な呼び名は「JPドメイン名」です。
ちょっと小難しい表現を使うと

トップレベルドメインが「.jp」なドメイン名がJPドメイン名

と言えます。

日本語JPドメイン名4

以上を踏まえて「○○.jp」の「○○」の部分が日本語になっているJPドメイン名が「日本語JPドメイン名」です。
一般的なドメイン名がアルファベットのみを使うのに対し、日本語JPドメイン名は日本語を使ったドメイン名です。

日本語JPドメイン名5

日本語JPドメイン名を使うメリットは、日本人にとって、直観的に分かりやすいことでしょう。
慣れ親しんだ日本語ですからね。
アルファベットのみのドメイン名より直観的に分かりやすいはずです。

一方のデメリットは、日本語JPドメイン名に対応していない環境において、そのままでは使えないことです。
その場合は「Punycode」と呼ばれるアルファベット表記に変換する必要があります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「日本語JPドメイン名」って単語が出てきたら「日本語表記のJPドメイン名なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク