[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

DNSコンテンツサーバ

pointこの用語のポイント

pointDNSサーバだよ

point自分の持っているゾーンファイルを参照して答えを返すよ

point分からなければ「ごめん、分かんない」って返事するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

DNSコンテンツサーバとは

「権威DNSサーバ」のこと。
つまり

自分の管理している情報を教えてあげるのがお仕事のDNSサーバさんのこと
であり

IPアドレスとドメイン名の紐付けに関して、自分の管理する範囲内のIPアドレスとドメイン名の対応表を持っていて、問い合わせに対してはその対応表を元に返事をするDNSサーバさんのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

ズバリ!
権威DNSサーバ」の別名が「DNSコンテンツサーバ」です。
単に「コンテンツサーバ」と呼ぶ人もいますが「コンテンツを置くサーバ」の意味で使う人もいるので、私は「DNSコンテンツサーバ」と「DNS(ディーエヌエス)」を付けて呼ぶようにしています。

それでは「DNSコンテンツサーバとは何ぞや?」を順番に見ていきますが、ここから先の説明は権威DNSサーバの説明とほとんど同じです。
既に権威DNSサーバの解説をご覧になった方は、ここから先を読む必要はないと思います。

華麗に注意書きをしたところで、まず最初に「DNS」は「IPアドレスドメイン名の紐付けをしまっせシステム」ね。

パソコンさんはIPアドレスしか分かりません。
ドメイン名を見せられても「う~ん、どこの住所だろう」と困ってしまいます。

DNSコンテンツサーバ

一方、人間様はIPアドレスがピンときません。
例えば「198.51.100.1」と「198.51.100.10」と「198.51.100.11」の違いなんて、パッと見で分かりませんよね。
うっかりミスも増えそうです。

DNSコンテンツサーバ2

そのため、コンピュータさんはコンピュータさんが分かりやすい形式の住所(IPアドレス)、人間様は人間様が分かりやすい形式の住所(ドメイン名)を扱えるような仕組みがあります。
具体的には、事前にIPアドレスとドメイン名の対応付けを行っておいて、必要に応じて変換するのです。

DNSコンテンツサーバ3

このIPアドレスとドメイン名を変換してくれる仕組みをDNSと言います。
変換のお仕事を生業にしているサーバさんが「DNSサーバ」です。

DNSコンテンツサーバ4

さて、このDNSサーバさんですが、大きく分けて二種類あります。

一つは、どんな手を使おうともお問い合わせに答えてあげるのがお仕事のDNSサーバさんです。
問い合わせがあると、答えを知っていそうなDNSサーバさんに「ねーねー。こんな問い合わせが来たんだけど、答え教えてよ」と訊きに行きます。言わばカンニング野郎です。
このカンニング野郎なDNSサーバを「フルサービスリゾルバ」や「DNSキャッシュサーバ」と言います。

DNSコンテンツサーバ5

もう一つは、自分の管理している情報を教えてあげるのがお仕事のDNSサーバさんです。
自分の中にIPアドレスとドメイン名の対応表を持っていて、問い合わせに対して「あー、そのIPアドレスは、このドメイン名だね~」「そのドメイン名は、このIPアドレスだよ~」と答えてあげます。対応表に載っていなければ「知らないな~」と答えます。

この「自分の管理している情報を教えてあげるのがお仕事のDNSサーバ」が「DNSコンテンツサーバ」です。

DNSコンテンツサーバ6

DNSコンテンツサーバさんは自分の管理する範囲が決まっています。
そして自分の管理する範囲内の情報をあらかじめファイルにまとめて持っています。自分の管理する範囲内の情報が書いてあるファイルは「ゾーンファイル」という名前です。

DNSコンテンツサーバ7

DNSコンテンツサーバさんは、問い合わせがあった際に、このゾーンファイルを元に解答します。
対応するIPアドレスやドメイン名がゾーンファイルに書いてあれば「そのIPアドレス(ドメイン名)はこれだよ~」とお返事してあげます。

DNSコンテンツサーバ8

該当する情報の管理が他のDNSサーバさんに委託されていれば「あいつに任せてるからそっちに訊いてよ」と問い合わせ先を紹介してあげます。

DNSコンテンツサーバ9

問い合わせ内容がとんちんかんであれば「そんなの知らないよ。顔を洗って出直してきな」とお返事をします。

DNSコンテンツサーバ10

これがDNSコンテンツサーバさんのお仕事です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「DNSコンテンツサーバ」って単語が出てきたら「自分の管理している情報に従ってお返事するDNSサーバさんなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク