[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

DNSキャッシュサーバ

pointこの用語のポイント

pointDNSサーバだよ

pointまず自身のキャッシュを参照して答えを探すよ

point分からなければ他のDNSサーバさんに訊きに行くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

DNSキャッシュサーバとは

「フルサービスリゾルバ」のこと。
つまり

他のDNSサーバさんに答えを教えてもらいに行くDNSサーバさんのこと
であり

IPアドレスとドメイン名の紐付けに関して、まず自身のキャッシュを参照して探し、それでも分からなければ他のDNSサーバさんに問い合わせを行うDNSサーバさんのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

DNS(ディーエヌエス)
DNSサーバ
フルサービスリゾルバ


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

DNSは「IPアドレスドメイン名の紐付けをしまっせシステム」です。

パソコンさんはIPアドレスしか分かりません。
ドメイン名を見せられても「う~ん、どこの住所だろう」と困ってしまいます。

DNSキャッシュサーバ

一方、人間様はIPアドレスがピンときません。
例えば「198.51.100.1」と「198.51.100.10」と「198.51.100.11」の違いなんて、パッと見で分かりませんよね。
うっかりミスも増えそうです。

DNSキャッシュサーバ2

そのため、コンピュータさんはコンピュータさんが分かりやすい形式の住所(IPアドレス)、人間様は人間様が分かりやすい形式の住所(ドメイン名)を扱えるような仕組みがあります。
具体的には、事前にIPアドレスとドメイン名の対応付けを行っておいて、必要に応じて変換するのです。

DNSキャッシュサーバ3

このIPアドレスとドメイン名を変換してくれる仕組みをDNSと言います。
変換のお仕事を生業にしているサーバさんが「DNSサーバ」です。

DNSキャッシュサーバ4

さて、このDNSサーバさんですが、大きく分けて2種類あります。

1つは、自分の管理している情報を教えてあげるのがお仕事のDNSサーバさんです。
自分の中にIPアドレスとドメイン名の対応表を持っていて、問い合わせに対して「あー、そのIPアドレスは、このドメイン名だね~」「そのドメイン名は、このIPアドレスだよ~」と答えてあげます。対応表に載っていなければ「知らないな~」と答えます。
このDNSサーバさんは「権威DNSサーバ」や「DNSコンテンツサーバ」と呼ばれています。

DNSキャッシュサーバ5

もう1つは、どんな手を使おうともお問い合わせに答えてあげるのがお仕事のDNSサーバさんです。
問い合わせがあると、答えを知っていそうなDNSサーバさんに「ねーねー。こんな問い合わせが来たんだけど、答え教えてよ」と訊きに行きます。言わばカンニング野郎です。
このカンニング野郎なDNSサーバを「フルサービスリゾルバ」と言います。

以上を踏まえて、フルサービスリゾルバの別名が「DNSキャッシュサーバ」です。

DNSキャッシュサーバ6

フルサービスリゾルバさんには「キャッシュ」と呼ばれる仕組みが組み込まれています。
何回も同じ内容を問い合わせちゃったら、他のDNSサーバさんもうんざりしますよね?
そこで一度問い合わせた内容は、自分の中にメモっておきます。カンペを作っておくのです。

DNSキャッシュサーバ7

問い合わせがあったときは、まず自分の中にあるカンペに答えが載っていないかを探します。
カンペを見ても載っていなければ、そのときはじめて、他のDNSサーバさんに助けを求めるのです。
意外と気遣いのできる奴ですね。

DNSキャッシュサーバ8

このカンペにメモっておく仕組みがキャッシュです。

繰り返しになりますが、フルサービスリゾルバにはキャッシュの仕組みが付いています。つまり「キャッシュサーバ」です。
だからフルサービスリゾルバのことを「DNSキャッシュサーバ」と呼ぶ場合もあるのです。

世の中には「DNS」を付けないで、単に「キャッシュサーバ」と呼ぶ人もいますけどね。
「キャッシュサーバ」という用語自体には「キャッシュの仕組みを持っているサーバ」という意味合いがあります。
DNSに限らず、もう少し広い意味合いで使える用語なのです。
そのため私は「DNSキャッシュサーバ」と「DNS」を付けて呼ぶようにしています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「DNSキャッシュサーバ」って単語が出てきたら「他のDNSサーバさんに答えを訊きに行って、その結果を覚えておくDNSサーバさんなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク