[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

逆引き

pointこの用語のポイント

pointIPアドレスをドメイン名に変換することだよ

pointDNSの仕組みで登場するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

逆引きとは

DNSの仕組みにおいて「198.51.100.1」のようなIPアドレスから「i-3-i.info」のようなドメイン名に変換すること
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言ってしまえば、正引きの逆が「逆引き」です。

順番に見ていきましょう。
まずは「IPアドレス」と「ドメイン名」あとは「DNS」の仕組みについて、ざっくりと説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

IPアドレスは「コンピュータさん向けのネットワーク上の住所」です。
通信において、送信先を特定するときに使う情報です。
「198.51.100.10」のような形式になっています。

逆引き

ドメイン名は人間様向けのネットワーク上の住所です。
「i-3-i.info」のような形式になっています。

逆引き2

このIPアドレスとドメイン名の対応を管理する仕組みは「DNS」と言います。

普通のコンピュータさんはIPアドレスしか分かりません。
ドメイン名を見せられても「う~ん、どこの住所だろう」と困ってしまいます。

逆引き3

一方、人間様はIPアドレスがピンときません。
例えば「198.51.100.1」と「198.51.100.10」と「198.51.100.11」の違いなんて、パッと見で分かりませんよね。
うっかりミスも増えそうです。

逆引き4

そのため、コンピュータさんはコンピュータさんが分かりやすい形式の住所(IPアドレス)、人間様は人間様が分かりやすい形式の住所(ドメイン名)を扱えるような仕組みがあります。
具体的には、事前にIPアドレスとドメイン名の対応付けを行っておいて、必要に応じて変換するのです。

逆引き5

この「IPアドレスとドメイン名を対応付けて変換する仕組み」がDNSです。

DNSの仕組みにおいて、ドメイン名からIPアドレスに変換することを「正引き」と言います。

逆引き6

以上を踏まえて、正引きの逆、IPアドレスからドメイン名に変換するのが「逆引き」です。

逆引き7

覚え方は「正引きの逆」で良いでしょう。

そもそもコンピュータさんはIPアドレスがあればやり取りできます。ドメイン名というのは人間様のために生まれた物です。
DNSという仕組みも、コンピュータの世界でドメイン名を使うために生まれました。人間様が指定したドメイン名をコンピュータさんが分かるIPアドレスに変換してあげるための仕組みです。
つまり、ドメイン名からIPアドレスに変換する正引きは、DNSという仕組みの「規のお仕事」と言えます。

嘘かホントか分かりませんが、そのような理屈で、正引き(ドメイン名→IPアドレス)を覚えてしまいます。
あとは、それをひっくり返せば逆引き(IPアドレス→ドメイン名)です。

両方覚えようとすると混乱するので、私はそのような覚え方をしています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「逆引き」って単語が出てきたら「IPアドレスをドメイン名に変換することなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク