[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

MHTファイル

pointこの用語のポイント

pointファイルだよ

pointホームページ(の中の1ページ)を表示するために必要なファイルが全部詰まってるよ

point1ページ分のHTMLファイル、画像ファイル、CSSファイル、JavaScriptファイルなんかが詰まってるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

MHTファイルとは

「MHTMLファイル」のこと。
つまり

ホームページの中の1ページを表示するために必要なファイル群をキュっと一つにまとめたファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

MHTMLファイル」は「ホームページの中の1ページを表示するために必要なファイル群をキュっと一つにまとめたファイル」ね。
MHTML」という名前の決まりごとがあるのですが、そのMHTMLのルールに従ったファイルです。
詳細は用語「MHTMLファイル」「MHTML」の解説をご覧ください。

MHTMLファイル

このMHTMLファイルの別の呼び方が「MHTファイル」です。
MHTMLファイルの拡張子は「.mhtml」もしくは「.mht」なので「.mht」から連想して「MHTファイル」と呼ばれているのだと思います。

MHTMLファイル2

MHTMLファイルとMHTファイルは完全に同じ物を指します。
呼び名に惑わされないようにご注意ください。

ちなみに、拡張子「.mhtml」と「.mht」を比較した場合、Internet Explorerでの標準の保存形式が「.mht」の分だけ「.mht」の方が登場頻度は高いように思えます。
そのため「MHTMLファイル」より「MHTファイル」の方が、馴染みのある人が多いかもしれません。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「MHTファイル」って単語が出てきたら「ホームページ(の中の1ページ)を表示するために必要なファイルをまとめたファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク