[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

MHTMLファイル

pointこの用語のポイント

pointファイルだよ

pointホームページ(の中の1ページ)を表示するために必要なファイルが全部詰まってるよ

point1ページ分のHTMLファイル、画像ファイル、CSSファイル、JavaScriptファイルなんかが詰まってるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

MHTMLファイルとは

MHTMLのルールに従って作られたファイルのこと。
つまり

ホームページの中の1ページを表示するために必要なファイル群をキュっと1つにまとめたファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

MHTML(エムエィチティーエムエル)」は「ホームページの中の1ページを表示するために必要なファイル群をキュっと1つにまとめるための決まりごと」ね。

ホームページを1ページ表示するために必要なファイルは1つとは限りません。
HTMLファイルをはじめとして、画像ファイルCSSファイルJavaScriptファイルなど、複数のファイルを使って1つのページを表示している場合が多々あります。

MHTMLファイル

MHTMLはそれらのファイルを1つのファイルにまとめるための決まりごとです。

MHTMLファイル2

そして、そのMHTMLの決まりごとに従ったファイル、つまりホームページを表示するのに必要なファイル群を1つにまとめたファイルが「MHTMLファイル」です。

MHTMLファイル3

MHTMLファイルの拡張子は「.mhtml」もしくは「.mht」です。
また拡張子「.mht」から連想して「MHTファイル」と呼ばれる場合もあります。

余裕があれば、併せて覚えてあげてください。

ちなみに、MHTMLファイルをHTMLファイルに戻したい場合は、ファイルを保存し直すことで変換可能です。
やり方はいろいろあると思いますが、私がいつもやる方法を紹介しておきますね。

まず、Internet Explorerで該当のMHTMLファイルを開きます。
次に

メニュー
  ↓
ファイル(F)
  ↓
名前を付けて保存(A)...


と、ぽちぽちしていって「Web ページの保存」という、ファイルを保存するための画面を表示させます。

「Web ページの保存」画面において「ファイルの種類(T):」の部分を見ると「Web アーカイブ、単一のファイル(*.mht)」となっているはずです。それを「Web ページ、完全(*.htm;*.html)」に変更します。
その後、ファイル名を適当に付けて「保存(S)」ボタンを押すと、HTMLファイルとその他のファイル(画像ファイル、CSSファイル、JavaScriptファイル等)が分離されて保存されます。
あとはファイル名とかをお好みの名前に変更して完了です。

変換用のソフトもあるとは思いますけどね。
機会が多くないので、私は上記のやり方で変換しています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「MHTMLファイル」って単語が出てきたら「ホームページ(の中の1ページ)を表示するために必要なファイルをまとめたファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク