[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

センドバック (send back)

pointこの用語のポイント

pointメーカーさん直送の修理サービスだよ

point壊れた物を送ると修理して送り返してくれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

センドバック (send back)とは

メーカー直送修理サービスのこと。
もう少しきちんと書くと

メーカーさんとかがやっているサービスで、機器がぶっ壊れたときに宅急便とかで送ると修理して送り返してくれるサービスのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

「センド(send)」+「バック(back)」で「センドバック(send back)」です。
サンドバックではないのでご注意ください。

センドバック

英語が苦手な人のために一応説明しておくと「センド(send)」は「送る」の意味です。
「バック(back)」の意味は「後ろ」等ですが、今回はメーカー等のお店を指しているとお考えください。

つまり「送ると修理してくれるよ~」がセンドバックです。
「センドバック保守」や「センドバック修理」といった表現が使われることもあります。

例えばそうですね。

ピヨ太君はある日、ぴよぴよカンパニー製の新しいパソコンを買いました。

センドバック2

ピヨ太君は大喜びです。早速使い倒します。
しかし、ある日のこと、そのパソコンさんから煙が出てきたのです。

センドバック3

ピヨ太君は大慌て、お店に電話して「直しに来てよ~」とお願いしましたが、あっさり断られました。
残念ながらそんなサービスはやっていないようです。

センドバック4

その代わり「壊れた物を送って寄越せば直してあげるよ」と教えてもらいました。
仕方がないですね。

センドバック5

ピヨ太君は煙がもくもくしているパソコンさんを必死に段ボール箱に詰めて、ぴよぴよカンパニーに送りました。

センドバック6

それから数日後、ぴよぴよカンパニーから修理されたパソコンさんが戻ってきました。
どうやら今度は普通に動くようです。

センドバック7

めでたしめでたし。

このように、壊れた物を送ると修理して送り返してくれるサービスがセンドバックです。

センドバックのメリットは、コストが安く抑えられることと修理する人にとっての作業のやりやすさでしょう。
わざわざ現地まで来てもらう必要が無い分、人的コストを減らすことができるので、訪問型の修理に比べて費用が安いのが普通です。
また修理自体も設備の整った場所でのんびりやることができるので、修理をする人にとっても、現地で作業をするより楽なのではないでしょうか。

一方のデメリットは、面倒くさいことですかね。
壊れた機器を送らなくてはいけないので、梱包したり発送したりの作業が発生します。
また修理されて戻ってきた機器を設置するのも自分たちでやらなくてはいけません。
あなた自身も修理部隊の一員みたいな気分になれると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「センドバック」って単語が出てきたら「壊れた物を送ると修理して送り返してくれる形態の修理サービスなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク