[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.scr【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointスクリーンセーバーに付くよ

pointたまに拡張子を偽装している実行ファイルの場合もあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.scr【拡張子】とは

スクリーンセーバーに付く拡張子。
あるいは

拡張子を偽装している実行ファイルに、たまに付いている拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「スクリーンセーバー」と「拡張子」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

スクリーンセーバーは「コンピュータを操作しないで放っておくと画面上で動き出すアニメーション」です。
よく分からない記号がうねうね動いていたり、写真が次々に切り替わったりするアレです。

.scr

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.scr2

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.scr3

以上を踏まえて、スクリーンセーバーに、よく付いている拡張子が「.scr」です。

.scr4

「scr」の読み方については「エスシーアール」と読む人が多いと思います。
そのまんま、アルファベット読みですね。

拡張子が「.scr」のファイルは、べちべちっ!とダブルクリックすれば、動き出します。
ただし、ダブルクリックして動かすことは、まずありません。
普通はパソコンさんにスクリーンセーバーとして登録して、あとはパソコンさんが勝手に動かしてくれます。

……というのが、本来の使い方をしている拡張子「.scr」です。

次に、ちょっとおかしな使い方をしている拡張子「.scr」について説明します。

拡張子が「.scr」のファイルは「実行ファイル」と呼ばれる種類のファイルです。
実行ファイルは「プログラムなファイル」ね。
よく分からなければ「ダブルクリックをすると、お仕事を始めるプログラム」程度に解釈してください。

実は拡張子が「.exe」のファイルの拡張子を「.scr」に変更しても、普通に動きます。
例えば「piyota.exe」というプログラムがあったとしましょう。
このファイルの名前を「piyota.scr」に変更しても普通に動くのです。

これの何が問題かというと、プログラムさんの成りすまし(偽装)につながるのです。
例えば、本当の名前が「virus.exe」なコンピュータウイルスが「virus.scr」のような名前でスクリーンセーバーの振りをする場合があります。
「へいへーい、俺はスクリーンセーバーだぜー(本当はウィルスだけどな、ニヤリ)」のようなことが、できてしまうのです。

拡張子が「.scr」のファイルは迂闊にダブルクリックしないようにしてください。
見覚えのない「.scr」ファイルはウィルススキャンをしておいた方が無難です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.scr」って拡張子が付いていたら「スクリーンセーバー、あるいは、拡張子を偽装したプログラムなファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク