[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

スクリーンセーバー (screen saver)

pointこの用語のポイント

pointコンピュータを操作しないで放っておくと表示されるアニメーションだよ

pointブラウン管モニタの焼き付き防止用の機能だよ

point今の時代のモニタには不要な機能だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

スクリーンセーバー (screen saver)とは

コンピュータを操作しないで画面をボーっと見ていると、そのうち表示されるアニメーションのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

なーんにも操作をしないでコンピュータを放っておくと、そのうち画面上で勝手にアニメ上映会が始まることがあります。
よく分からない記号がうねうね動いていたり、写真が次々に切り替わったりするアレです。

そんな、パソコンさんが放置プレイに耐えられなくなって動き出すアレ、アレが「スクリーンセーバー」です。
カッコ良い名前ですね。

スクリーンセーバー

スクリーンセーバーは画面の焼き付きを防止するための機能です。

昔のパソコンさんのモニタはブラウン管(CRTディスプレイ)でした。
そのため、ずーっと同じ状態の画面を表示しておくと、そのうちモニタに映像が焼き付いちゃったのです。
それを避けるために、誰も操作しないときも、定期的に画面の表示内容を変える必要がありました。

そのために用意されている機能がスクリーンセーバーです。
適当に画面の表示内容を変えることで、焼き付きを防止します。
文字通り、スクリーンを焼け付けから守るセーバーなのです。

スクリーンセーバー2

とはいえ、今のパソコンさんでは、ほとんど無用の長物です。
趣味で表示する以上の役割は、ありません。

スクリーンセーバー3

哀しいことですが、前時代の遺物ってやつです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「スクリーンセーバー」って単語が出てきたら「コンピュータを操作しないで放っておくと画面上で動き出すアニメーションなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク