[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

IGPs

pointこの用語のポイント

point通信プロトコル(の分類)だよ

pointルーティング(ネットワーク上の道案内)で使うよ

point同じ縄張りの中で情報交換をするときに使うよ

point「IGP」と同じだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

IGPsとは

「IGP」のこと。
つまり

ネットワーク上の道案内において、同じ縄張りの中で地図に関する情報交換をするときに使うお約束事
であり、小難しく書くと

同一AS内のルータ同士で経路情報をやり取りする際に使うルーティングプロトコル
です。

image piyo

詳しく書くよ

IGP」は「ネットワーク上の道案内において、同じ縄張りの中で地図に関する情報交換をするときに使うお約束事」ね。
詳細は用語「IGP」の解説をご覧ください。

IGPs

このIGPの別の表現が「IGPs」です。

何故わざわざ別の表現があるかというと、IGPのお仲間のEGPのせいです。
実は「EGP」という用語には「お約束事の分類」としてのEGPと「お約束事の名前」としてのEGPの2つがあります。

例えばそうですね。
新しく発見した果物に「果物」という名前を付けたようなものです。
「果物」と言ったときに、リンゴとかバナナも含めた一般名詞としての「果物」を指しているのか、新しく発見した果物の名前である固有名詞としての「果物」を指しているのか紛らわしいですよね。

それと同じことが「EGP」には起こっているのです。
そこで分類としてのEGPは「EGPs」と表現する場合があります。

それに合わせて、IGPも「IGPs」と表現する場合があるのです。

そんなあーだこーだな関係性をまとめると以下のようになります。

IGPs2

EGPのとばっちりを喰らって「IGPs」という表現あるだけなので、あまり気にしないでください。

IGP=IGPs

と考えて構いません。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「IGPs」って単語が出てきたら「同じ縄張りの中で地図に関する情報交換をするときに使うお約束事なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク