[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ルーティングプロトコル (routing protocol)

pointこの用語のポイント

point通信プロトコルだよ

pointルーティング(ネットワーク上の道案内)で使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ルーティングプロトコル (routing protocol)とは

ネットワーク上の道案内において、案内人同士で地図の情報を交換するときに使うお約束事のこと。
ちょっと小難しい言い方をすると

ルータ(案内人)同士で、ルーティングテーブル(地図)に関する情報を交換する際に使用するプロトコル(お約束事)
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

ネットワークには案内人がいて、やってくるデータの目的地を見て「君はこっちの道を行きなよ」「あなたはこっちに行った方が良いですね」と道案内をしています。
この仕組みを「ルーティング」と言います。
ちなみに案内人は「ルータ」さんです。

ルーティングプロトコル

道案内をするときには地図を見ます。
案内人さんも記憶力にはあまり自信がありませんからね。
あらかじめ地図を用意しておいて、地図とデータの目的地を比べて見てから「こっちに行った方が良いよ」と案内してあげるのです。
この道案内のときに使う地図を「ルーティングテーブル」と言います。

ルーティングプロトコル2

さて、道案内のときに使う地図ですが、ずっと同じ地図を使い続けるわけには行きません。
例えば新しい道路ができたり、あるいは誰かが引っ越しちゃったりしたら、地図を書き換えてあげる必要があります。

この地図の書き換えは誰がやるのでしょうね?

選択肢は2つです。
人間様にやっていただく方法と、案内人自身がやる方法があります。

地図の書き換えを人間様にやっていただく方法では、人間様が新しい地図を用意してくれます。
案内人自身は、用意された地図を見て案内するだけです。
このやり方、地図の更新を人間様にやってもらうやり方を「スタティックルーティング」と言います。

ルーティングプロトコル3

地図の書き換えを案内人自身がやる方法は、案内人同士で情報交換をして、自分自身の手で地図を書き換えます。
案内人は他の案内人と情報交換をするのです。
このやり方、地図の更新を案内人自身がやるやり方を「ダイナミックルーティング」と言います。

ルーティングプロトコル4

それではいよいよ本題です。

地図の更新を案内人自身がやるやり方においては、案内人同士で情報交換をすると書きました。
この案内人同士で情報交換をするときに使うお約束事が「ルーティングプロトコル」です。
ルーティング」+「プロトコル」で「ルーティングプロトコル」ね。

ルーティングプロトコル5

「ルーティング」は先程も書きましたが「ネットワーク上で行われる道案内」です。
ちょっと小難しい言い方をすると「通信において、通信相手までの経路を判断する仕組み」です。

ルーティングプロトコル6

「プロトコル」は、ここでは「通信プロトコル」を指します。「通信する上でのお約束事」の意味です。
細かいことは「通信プロトコル」の説明をご覧いただきたいのですが、面倒くさければ「通信するときにはお互いが同じルールに従ってやり取りする必要がある」というのだけ覚えておいてください。
通信を成立させるためには共通のルールが必要です。お互いが足並みを揃える必要があるのです。

ルーティングプロトコル7

案内人(ルータ)同士で行う地図(ルーティングテーブル)に関する情報交換も通信です。
ということは、やり取りする相手と足並みを揃える必要がありますよね。
その足並みを揃えるためのお約束事がルーティングプロトコルです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ルーティングプロトコル」って単語が出てきたら「案内人同士が地図に関する情報交換をするときに使うお約束事なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク