[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ダイナミックルーティング (dynamic routing)

pointこの用語のポイント

pointルーティング(ネットワーク上の道案内)のやり方だよ

point道案内で使う地図の更新を、機器同士が勝手に情報交換して自動で行うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ダイナミックルーティング (dynamic routing)とは

案内人同士で情報交換して勝手に更新する地図を使った、ネットワークにおける道案内のこと。
ちょっと小難しい言い方をすると

更新が自動で行われるルーティングテーブル(地図)を使用した、ルーティング(道案内)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

ルーティング」は「ネットワーク上で行われる道案内」ね。
データの目的地を見て「あ~、君はこっちの道を行ってね」「そこに行きたいならこっちの道を行くと良いよ」と案内してあげる仕組みです。
詳細は用語「ルーティング」の説明をご覧ください。

ダイナミックルーティング

ルーティングテーブル」は「ネットワーク上の道案内をするときに使う地図」です。
道案内をするときには、この地図とデータの目的地をすりあわせて「こっちに行った方が良いよ」と案内してあげます。

ダイナミックルーティング2

それを踏まえて「機器同士で情報を交換して自動更新している地図を使った道案内」が「ダイナミックルーティング」です。
ここで言う「自動」は人間様の目から見て「自動」ね。

道案内をするときには地図を使いますが、この地図の書き換えを案内役の機器(ルータ)自身が行うやり方です。
新しい道路ができたり、誰かがどこかに引っ越したりすると、仲間同士で情報交換をして、機器自身が地図を書き換えていきます。

ダイナミックルーティング3

一方で、人間様の手によって手動で更新する地図を使う道案内のやり方もあります。
こちらは「スタティックルーティング」と呼ばれるやり方で、人の手で書き換えない限り同じ地図を使い続けるやり方です。

ダイナミックルーティング4

ダイナミックルーティングとスタティックルーティングはよく比較されるので、併せて覚えてしまってください。
案内をするときには地図を使いますが、その地図の更新を機器自身が行う(ダイナミックルーティング)か人の手で行う(スタティックルーティング)かの違いです。

スタティックルーティングと比較した際のダイナミックルーティングのメリットは、管理の手間が少ないことでしょう。
ダイナミックルーティングにおいては、地図の更新は機器自身が行います。
機器同士で情報を交換して勝手に地図を最新版に保つので、ネットワークの構成が変わっても人間様はぼーっとしていれば良いのです。

逆にデメリットは、ネットワーク上の負荷が大きくなることでしょう。
ダイナミックルーティングでは、随時、機器同士で情報交換をしています。ぺちゃくちゃお喋りしているのです。
行き交いする情報量は多くなり、それに比例して負荷も上がります。

他にもメリット・デメリットはありますが、細かいところは専門的に説明しているホームページで情報を補完してください。

一般的に、規模の小さいネットワークや出来る限り負荷を減らしたいネットワークではスタティックルーティングにする傾向があります。
逆に人の手では管理しきれないような大規模なネットワーク、例えばインターネットのようなネットワークでは、ダイナミックルーティングを採用していますよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ダイナミックルーティング」って単語が出てきたら「自動更新の地図を使った、ネットワーク上の道案内なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク