[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.Folder【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

point(Windows XPにおいて)フォルダに付くよ

pointWindows Vista以降では使われていないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.Folder【拡張子】とは

(Windows XPにおいて)フォルダに付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「フォルダ」と「拡張子」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

フォルダは、コンピュータの世界における「書類入れ」です。
とはいえ、普通に「フォルダ」って言えば、分かりますよね?

.Folder

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.Folder2

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.Folder3

以上を踏まえて、Windows XPにおいて、フォルダに付いていた拡張子が「.Folder」です。

.Folder4

「Folder」の読み方については「フォルダ」と読む人が多いと思います。
そのまんまですね。

「.Folder」という拡張子はWindows XPで新しく採用されました。
推測ですが、フォルダもファイルの一種として扱うためでしょう。

ですが残念なことに、この拡張子のせいで、変なファイルをフォルダに見せかけることができるようになってしまったのです。
例えば、コンピュータウイルスの拡張子を「.Folder」にすることで、実際にはウイルスなのに、ただのフォルダに見えるようにしたりですね。

そのため、Windows Vista以降では拡張子「.Folder」は使われていません。
もしかしたら実際には使われているかもしれませんが、自分で「hoge.Folder」のようにファイルの名前を変えてもフォルダっぽい見た目には、ならなくなりました。

残念ながら、あまり日の目を見ることはなかった拡張子です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.Folder」って拡張子が付いていたら「(Windows XPにおいての)フォルダなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク