[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

スコープ (scope)

pointこの用語のポイント

point影響範囲だよ

pointプログラミング関連で出てくるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

スコープ (scope)とは

プログラミングの世界で「おまえの名前が通じるのはここまでだ!」な影響範囲のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

例えば私のお家ではお父さんが一番偉いのですが「私は父だ!」が通用するのはお家の中だけです。
スーパーに買い物に行けば店長さんに「父だからなんだよ?」と言われてしまいます。

その店長さんも「私が店長だ!」と言って通用するのはスーパーの中だけです。
コンビニに買い物に行ったときには「店長?はぁ?」となってしまいます。

この例では父のスコープは家庭内、店長さんのスコープはスーパー内です。

プログラミングの話に戻しますね。

ある関数Aの中で変数 bを宣言したとします。
関数Aの中では変数bは使い放題です。

ですが別の関数Cに行くとそうはいきません。
関数Cの中では変数bは「誰だよ?おまえ」となってしまいます。

この場合「変数bのスコープは関数Aの中」と言ったりします。

「変数のスコープ」と言ったら「その変数はどこで使えるの?」だと思えばOKです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「スコープ」って単語が出てきたら「影響範囲のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク