[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

プレフィックス表記

pointこの用語のポイント

pointIPアドレスの表記方法だよ

pointIPアドレスとサブネットマスクを一緒に書くよ

point「198.51.100.xxx/24」のように「IPアドレス/サブネットマスクの1の個数」で表記するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

プレフィックス表記とは

「CIDR表記」と同じ意味。
つまり

「198.51.100.xxx/24」のようにIPアドレスとサブネットマスクを同時に表現する書き方のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

まず最初に、このページの説明は「CIDR表記」とほとんど同じです。
既にCIDR表記について理解している方は読んでも意味がないので、ご注意ください。
CIDR表記の別の呼び方がプレフィックス表記です。

華麗に但し書きをしたところで、まずは予備知識からいきましょう。

IPアドレス」は「ネットワーク上の住所」です。
よく聞く説明ですね。

プレフィックス表記

IPアドレスは「どのネットワークのどのコンピュータですよ~」という情報を表現しています。
ちなみに「どのネットワークですよ~」が書いてある部分を「ネットワーク部」と言います。「どのコンピュータですよ~」が書いてある部分は「ホスト部」です。

プレフィックス表記2

サブネットマスク」は「IPアドレスのどの部分がネットワーク部でどの部分がホスト部かを示す情報」です。
サブネットマスクを見ると「あぁ、ここからここまでがネットワーク部ね」「おっ、こっちはホスト部か」と判断することができます。

プレフィックス表記3

CIDR」は「アドレスクラスの概念を用いないでIPアドレスの割り当てや経路の選択などを可能にする仕組み」です。
ちょっと小難しい言い回しですね。詳細は用語「CIDR」の解説をご覧ください。
よく分からなければ、CIDRという仕組みにおいては

サブネットマスクを任意に設定できる
  ↓
サブネットマスクの値はIPアドレスを見ても分からない
  ↓
IPアドレスを教えるときはサブネットマスクも教えてあげる必要がある
  ↓
IPアドレスとサブネットマスクはセットで書きたい


だけ覚えてくださいな。

そうなんです。
CIDRという仕組みではIPアドレスとサブネットマスクを一度に表現したいのです。

じゃあ並べて書けばいーじゃん。

そうですね。その通りです。
並べて書いてみましょう。

198.51.100.xxx/255.255.255.0

うん、バッチリです。
でも、ちょっと長ったらしいですね。

もうちょっとサクっと短く書けないのでしょうか。
そう考えた面倒くさがり屋な人が

198.51.100.xxx/24

のような書き方を思いつきました。
「/24」の部分がサブネットマスク「255.255.255.0」を表しています。

この書き方が「プレフィックス表記」です。

プレフィックス表記4

「/24」の部分の「24」という数字を説明する際には、いろいろな言い方があります。「サブネットマスクの中にある1の個数」と言っても間違いではありません。「ネットワーク部の長さ」と言っても合っています。私自身は「2進数でサブネットマスクを書くときに、左から何個1を書くか」という説明が一番しっくりきます。

例えば「/24」と書いてあった場合は、サブネットマスクとして

2進数11111111.11111111.11111111.00000000
10進数表記:255.255.255.0

を使うよ~ということです。
2進数表記で見た場合、左から24個、1が並んでいますよね。

同じように「/20」と書いてあれば

2進数:11111111.11111111.11110000.00000000
10進数表記:255.255.240.0

をサブネットマスクとして使います。
「/16」と書いてあれば

2進数:11111111.11111111.00000000.00000000
10進数表記:255.255.0.0

です。

これらの短縮表記(プレフィックス)と実際のサブネットマスクの値を表にまとめると、以下のようになります。

プレフィックスサブネットマスク値
/1128.0.0.0
/2192.0.0.0
/3224.0.0.0
/4240.0.0.0
/5248.0.0.0
/6252.0.0.0
/7254.0.0.0
/8255.0.0.0
/9255.128.0.0
/10255.192.0.0
/11255.224.0.0
/12255.240.0.0
/13255.248.0.0
/14255.252.0.0
/15255.254.0.0
/16255.255.0.0
/17255.255.128.0
/18255.255.192.0
/19255.255.224.0
/20255.255.240.0
/21255.255.248.0
/22255.255.252.0
/23255.255.254.0
/24255.255.255.0
/25255.255.255.128
/26255.255.255.192
/27255.255.255.224
/28255.255.255.240
/29255.255.255.248
/30255.255.255.252
/31255.255.255.254
/32255.255.255.255

理解するべきことはこれだけです。

最後にもう一度まとめると「198.51.100.xxx/24」のような形でIPアドレスとサブネットマスクを表現する表記方法が「プレフィックス表記」です。
「/24」の部分がサブネットマスクを表現しています。「/24」の部分は「プレフィックス」などと呼ばれたりします。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「プレフィックス表記」って単語が出てきたら「IPアドレスとサブネットマスクを一緒に表記する方法の一つなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク