[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

DSU

pointこの用語のポイント

pointISDN回線の入口に相当する機器だよ

pointNTTさんから伸びてくるISDN回線の端っこに設置するよ

pointISDNでインターネットをするときに必要だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

DSUとは

ISDN回線でインターネットをするときに必要な機械で「ここからISDN回線ですよ」な回線の入口に相当する機器
です。

image piyo

詳しく書くよ

NTTさんから伸びてくるISDN回線の端っこに設置する機械が「DSU(ディーエスユー)」です。
Digital Service Unit(デジタル・サービス・ユニット)」の略で「DSU」ね。
ISDN回線1回線につき1つ必要です。

DSUは多くの場合「TA」と呼ばれる機器とセットで登場します。
DSUとTAはセットで覚えちゃってください。
ちなみにTAは「やってきたデータをISDN回線の中を通れる形に変換する機器」ね。

昔の電話(ダイヤルアップ)でインターネットをするときはモデムが必要でした。
モデムで、パソコンさんから出てくるデータを電話線を通れる形に変換したり、その逆をやります。

DSU

ADSL回線でインターネットをするときはADSLモデムが必要です。
ADSLモデムで、パソコンさんから出てくるデータをADSL回線を通れる形に変換したり、その逆をやってあげます。

DSU2

光回線でインターネットをする場合はONUが必要です。
ONUで、パソコンさんから出てくるデータを光回線を通れる形に変換したり、その逆をやっています。

DSU3

それらと同じように、ISDN回線でインターネットをするにはDSUとTAが必要なのです。
DSUとTAでパソコンさんから出てくるデータをISDN回線を通れる形に変換したり、その逆をやります。

DSU4

細かい仕組み等については、専門的に解説しているサイトをご覧ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「DSU」って単語が出てきたら「ISDNでインターネットをするときに必要な機械なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク