[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

スリープモード (sleep mode)

pointこの用語のポイント

point一時的にお休みさせるよ

pointOSやバージョンによって、微妙に意味が異なるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

スリープモード (sleep mode)とは

コンピュータさんを一時的にお休みさせること
です。

image piyo

詳しく書くよ

人間に例えれば、お外に出られる格好のままで横になってお昼寝する感じですかね。

呼ばれればすぐに動けるようになっています。

実は「スリープ」「スタンバイ」「サスペンド」はOSバージョンによって同じ言葉でも動作が違ったりします。

ややこしいですねー。

共通点は

1.作業中の内容をどこかに保存しておく
メモリだったりハードディスクだったり。

2.電気の節約モードである

3.完全に電源を切ってるときよりは起動が速い

ってなところでしょうか。

細かい違いはOS毎に論じる必要が出てくるのでここでは省略します。

シャットダウンとどっちが良いか論争があるようですが、長時間使わないときや持ち運びするときはシャットダウン、短時間で復帰するならスリープやスタンバイで良いと思います。

長時間寝るならパジャマでベッドの方が疲れが取れるから良いでしょう。
ちょっと仮眠を取るだけならわざわざ着替えるのも面倒くさい。
私はそんな判断です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「スリープモード」って単語が出てきたら「コンピュータさんをお昼寝させることなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク