[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

優先制御 (priority control)

pointこの用語のポイント

pointQoS(通信の品質を確保する仕組み)のやり方の一つだよ

pointパケットに優先順位を付けるよ

point優先順位の高いパケットから通してあげるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

優先制御 (priority control)とは

「重要な奴を先に送れ!」なQoSのやり方。
もう少し真面目に書くと

QoSのやり方の一つで、パケット(通信用に細切れになったデータ)に優先順位を付けて、優先順位の高いものから通してあげることで、通信の品質を確保するやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

QoS」は「パケット通信用に細切れになったデータ)の通る順番や量を調整して通信の品質を確保する仕組み」ね。

このQoSの仕組みにおいて、優先順位の高いデータから通してあげるやり方が「優先制御」です。
どのデータも同じ道路を通りますが、VIP待遇なデータが来たら道を譲るイメージです。

優先制御

まず、通るデータにそれぞれ優先順位を付けておきます。

優先制御2

普通に通れるときは普通に通ります。

優先制御3

混んで来たり、同じタイミングで通ろうとしたときは、優先順位の高い方を先に通します。

優先制御4

これが優先制御です。
データに優先順位を付けて、その優先順位に従って通してあげます。

ちなみにQoSのやり方には「帯域制御」というやり方もあります。
帯域制御は「データ毎に通信速度を変えるQoSのやり方」です。
余裕があれば、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「優先制御」って単語が出てきたら「優先順位の高いデータから通すQoSのやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク