[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

MDF

pointこの用語のポイント

point回線関係の設備だよ

pointNTTさんからやってきた電話回線を一旦全部引き受けるよ

pointまとめて引き受けた電話回線を改めて分配するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

MDFとは

NTTさんからやってきた電話回線を一旦全部引き受けて、改めて分配する設備のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

電話回線というのは、NTTさんからやってきて、建物に入ってきて、電話機につながります。

MDF

入ってくる線が一本だったら特に問題はありません。
普通につなげば良いだけです。

ですが、入ってくる線が数十本、数百本、数千本になったらどうでしょう。
一般家庭であればそんなケースは稀ですが、マンションやオフィスビルなどではありうる話です。
とてもごちゃごちゃして、一本ずつえっちらおっちら引き込んでいくなんて現実的ではないですよね。
管理も大変ですし、引っ越しなんかがあった際に線同士をつなぎかえるのも大変です。

そこで、NTTさんから引いた線を一か所でまとめて管理することにしました。

NTTさんから引いた線をすべて、とある設備にぶっ刺すのです。
そしてその設備から、改めて線を分配します。

MDF2

もうお分かりですよね。
この「NTTさんから引いた線を全部ぶっ刺して、改めて分配する設備」が「MDF」です。
Main Distributing Frame(メイン・ディストリビューティング・フレーム)」の略で「MDF」ね。
日本語にすると「主配線盤」だそうです。

MDF3

MDFは、NTT側から見ると「線を分配してくれる設備」、建物側から見ると「線を集中管理してくれる設備」と言えますね。

少し話しが逸れますが、MDFとよくセットで登場する言葉で「IDF」というのもあります。
IDFは「MDFの子分」です。MDFで分配した線を、さらに分配する役目を負っています。

MDF4

できればMDFとIDFはセットで覚えてあげてくださいね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「MDF」って単語が出てきたら「建物に入ってくる電話回線を一旦全部引き受けて、分配する設備なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク