[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ローミング (roaming)

pointこの用語のポイント

point「サービス提供エリア外だけど提携先の設備を借りて使えるようにしてあげるね」だよ

point無線LAN関係で出てきたときは、移動に応じて使用する無線LANアクセスポイントを切り替える仕組みのことだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ローミング (roaming)とは

携帯電話やインターネット通信でよく登場する言葉で「あー、そのエリアにうちの設備無いんだわー。でも提携先の設備があるから、それを使ってもらうね。大丈夫!大して違わないって!」な形で行う通信のこと。
要するに

「本来サービス提供エリア外だけど提携先の設備を使ってサービスを提供しています」のこと
です。
無線LAN関係で出てきた場合は

無線LANを使っている人が移動しているときに、移動に応じて、使用する無線LANアクセスポイントを切り替える仕組み
の意味になります。

image piyo

詳しく書くよ

ちょっとややこしいのですが、携帯電話やインターネット通信に関するお話で登場する「ローミング」と、無線LAN関係で登場する「ローミング」で、2つの意味があります。
ごっちゃにならないようにご注意ください。

それでは順番に見ていきましょう。
まずは携帯電話やインターネット通信に関するお話で登場するローミング、「本来サービス提供エリア外だけど提携先の設備を使ってサービスを提供しています」な意味のローミングです。

あるとき、ピヨ太君は携帯電話事業に乗り出しました。
ですが、始めたばっかりなので通信設備はしょぼしょぼ、関東近辺でしかつながりません。

ローミング

これでは使い物になりませんね。
そこでピヨ太君は、北海道で携帯電話事業をやっているピヨ子さんと提携しました。

ローミング2

その後、ピヨ太君と契約しているお客さまが北海道に行った際には、ピヨ子さんの設備を使ってつながるようにしてもらったのです。
これでピヨ太君と契約した人の携帯電話は、関東近辺と北海道でつながるようになりました。

ローミング3

これがローミングです。
提携先の設備を使わせていただくことで、サービス提供範囲が広がりましたね。

ピヨ太君がしょぼしょぼなので関東と北海道で話をしましたが、これを日本と海外にすると、より現実的な例になります。
皆さんは「国際ローミング」や「海外ローミング」といった言葉を聞いたことがありませんでしょうか。

例えば携帯電話、海外でもつながりますよね。
では、携帯電話の会社が海外にもえっちらおっちらアンテナを立てて回っているのでしょうか。

もちろん、そんなことはありません。
全世界にアンテナを立てて回るなんて、お金がいくらあっても足りませんよね。

現地の会社さんと提携しているのです。
そしてその会社さんの設備を使わせていただきます。

それが国際ローミング(海外ローミング)です。

提携先の設備を使わせていただくので、料金はお高くなったりします。
機器を操作して国際ローミング(海外ローミング)機能を無効にすると、提携先の設備を使わなくなります。
つまり電波が届かないので通信できない、その代わりお金もかからないってな理屈です。

これが携帯電話やインターネット通信に関するお話で登場するローミングの意味です。
「提携先の設備を使ってサービスが提供されますよ~」ね。

次は無線LAN関係で登場するローミング、「無線LANを使っている人が移動しているときに、移動に応じて使用する無線LANアクセスポイントを切り替える仕組み」を意味するローミングです。

まずは無線LANの仕組みを見てみましょう……とはいっても難しいことはありません。
パソコンさんやスマホ等の機器からビビビーっと出た電波を、無線LANアクセスポイントと呼ばれる機械が受け取ります。

ローミング4

機器と無線LANアクセスポイントの距離は、近ければ近いほど良い感じに通信できます。
距離が離れると、途中でプチプチ切れたり、遅くなったりするかもしれません。
今回のお話で覚えておく必要のある仕組みはこれだけです。

それを踏まえて、ピヨ太君の一日を見てみましょう。

ある日、ピヨ太君は念願のスマートフォン「ピヨフォン5S」を手に入れました。
ピヨ太君は大喜びです。嬉しくて片時も離しません。
移動中もピヨフォン5Sでインターネットを楽しんでいます。

このときピヨフォン5Sは無線LANでインターネットの世界とつながっているとします。

ローミング5

ピヨ太君が無線LANでインターネットをしているとき、ピヨフォン5SはアクセスポイントAに向かって電波をビビビーっと飛ばしていました。

ローミング6

ピヨ太君は移動中です。
ピヨフォン5SとアクセスポイントAの距離が少しずつ開いてきました。

ローミング7

おっと、ピヨフォン5Sの前にアクセスポイントAよりも近いアクセスポイントBが登場しました。
実際にはアクセスポイントは移動しておらず、ピヨ太君が移動しているのですが、ピヨフォン5S的にはAより近いBが登場した感覚です。

ローミング8

ピヨフォン5Sは、とっさに「Aとやり取りするよりBとやり取りした方が良さそうだな」と判断しました。
そして、今までAに送っていた電波をBに送るようにしたのです。

ローミング9

移動に応じて、やり取りするアクセスポイントを切り替えましたね。
これが無線LANに関するお話で登場するローミングです。
「移動に応じてアクセスポイントを切り替える仕組み」ね。

繰り返しになりますが、ローミングには少々ニュアンスの違う2つの意味があります。
ごっちゃにならないようにご注意ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ローミング」って単語が出てきたら「提携先の設備を使ってサービスが提供されるんだな~、もしくは、無線LANで移動に応じて使用するアクセスポイントを切り替える仕組みなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク