[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ホストOS型【仮想化】

pointこの用語のポイント

point仮想マシンの作り方だよ

point普通に動いてるコンピュータの上に作るよ

point「ハイパーバイザ型」と対比されるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ホストOS型【仮想化】とは

仮想マシンの作り方のひとつ
であり

普通に動いてるコンピュータの上に仮想マシンを作るやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

仮想マシンは「コンピュータの中に作られた、なんちゃってコンピュータ」ね。

ホストOS型

例えば、あなたが都市育成シミュレーションゲームをやっているとしましょう。
あなたはゲーム内で本物そっくりの東京都を作りました。
あなたが作ったゲーム内の東京都ですが、本当に本物そっくりだとしたら「仮想東京都」と呼べますよね。

それと同じです。
コンピュータの中に作った本物そっくりのなんちゃってコンピュータを「仮想マシン」と呼びます。

仮想マシンを作るやり方には、大きく分けて2つの方法があります。
それは

1.すでに動いているコンピュータの中に仮想マシンを作るやり方
2.空っぽのハードディスクの中に仮想マシンを作るやり方


の2つです。

この2つのやり方のうち

1.すでに動いているコンピュータの中に仮想マシンを作るやり方

が「ホストOS型」です。

ちなみに

2.空っぽのハードディスクの中に仮想マシンを作るやり方

の方は「ハイパーバイザ型」と言います。

せっかくなので併せて覚えてあげてください。

ホストOS型では、ハードディスクの上に本来のOS(コンピュータさんの人格に相当するソフト)が乗っかっていています。
この状態は、いわゆる普通のパソコンさんです。
このままでも、いろいろなお仕事をさせられます。

ホストOS型2

その上に仮想化用のソフトを乗せます。
さらに仮想化用のソフトの上に仮想マシン用のOSを乗せます。

ホストOS型3

これがホストOS型です。
コンピュータに入っている元々のOSを「ホストOS」と呼ぶので、このような仮想化のやり方は「ホストOS型」と呼ばれています。

ホストOS型4

普通にパソコンさんの中に仮想マシンを作るときはホストOS型が多いでしょう。
業務で使うサーバ等、大掛かりになるとハイパーバイザ型が登場します。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ホストOS型」って単語が出てきたら「動いているコンピュータの上に仮想マシンを作るやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク