[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

論理トポロジー (logical topology)

pointこの用語のポイント

pointネットワークの形だよ

point接続形態を点と線でモデル化したものだよ

point「データはどう流れるの?」に注目してモデル化したよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

論理トポロジー (logical topology)とは

「データはどう流れるの?」に注目してネットワークの接続形態をモデル化したもの
です。

image piyo

詳しく書くよ

トポロジー」は「ネットワークトポロジー」の省略表現で「ネットワークの接続形態を点と線でモデル化したもの」ね。
スター型ネットワークとかバス型ネットワークとかリング型ネットワークとか呼ばれているものです。

よく分からなければ、ネットワークの分類なんだな~くらいの理解で構いません。
ネットワークの形をしげしげと見て「あー、この形はバス型ネットワークだねー」「うむ、この形はリング型ネットワークじゃな」などと気取ったことを言い合うのです。

論理トポロジー

さて、当然ですが、分類するときには判断基準が必要です。
ネットワークの何かを見て「あー、この形はバス型ネットワークだねー」「うむ、この形はリング型ネットワークじゃな」と判断します。

一体何を見て判断するのでしょうね?

答えは「物理的な線のつなぎ方」か「論理的なデータの流れ」です。
どのように線がつながっているかを見て「ほっほー、これはバス型ネットワークですな」と言ったり、データがどのように流れるかを見て「ふむ、この形はリング型ネットワークじゃな」と言ったりするのです。

この分類をするにあたって、論理的なデータの流れに注目して分類したものが「論理トポロジー」です。
ちなみに、物理的な線のつなぎ方に注目して分類したものは「物理トポロジー」と言います。

例えばピヨ太君の会社で新しくネットワークを作ったとしましょう。
できあがったネットワークは、見た感じ、線のつなぎ方が星っぽい形をしていました。

論理トポロジー2

あっ、念の為に書いておきますが「星に見えねーよ」とかツッコまないでくださいね。
面倒くさくて3台しかコンピュータの絵を描いていないので星に見えませんが、台数が増えれば星っぽく見えるはずです。

話が逸れたので戻します。

できあがったネットワークは線のつなぎ方が星っぽいネットワークでした。
ですが、中を流れるデータはバケツリレー方式、輪っかの中を進むように受け渡しされる形だったのです。

論理トポロジー3

このようなネットワークを指して「物理トポロジーはスター型で論理トポロジーはリング型だね」と言ったりします。
物理トポロジーと論理トポロジーは同じ型の場合が多いですが、中には違う場合もあります。
そのため、わざわざ「物理」と「論理」があるのです。

ちょっと例えが良くないのですが、身体は男性だけど心は女性な方がいらっしゃったとします。
この方がネットワークだとすると「男性」が物理トポロジーで「女性」が論理トポロジーなイメージです。

論理トポロジー4

最後にまとめて整理しておきますね。
ネットワークの形を抽象化・一般化したのが(ネットワーク)トポロジーです。
抽象化・一般化するときに、線のつなぎ方に注目して抽象化・一般化したものを物理トポロジー、データの流れに注目して抽象化・一般化したものを論理トポロジーと言います。
できれば、まとめて覚えちゃってください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「論理トポロジー」って単語が出てきたら「データの流れに注目してネットワークの形をモデル化したものなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク