[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ネットワークトポロジー (network topology)

pointこの用語のポイント

pointネットワークの形だよ

point接続形態を点と線でモデル化したものだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ネットワークトポロジー (network topology)とは

「ネットワークの形」をカッコつけて小難しく言った用語。
ちょっと小難しい言い方をすると

ネットワークの接続形態を点と線でモデル化したもの
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

ネットワークというのは、線のつなぎ方やデータの流れ方によっていくつかの形態に分類することができます。

例えば、元締めを置いて、すべての通信をそいつ経由で行うネットワーク形態を「スター型ネットワーク」と言います。
見た目が星っぽいからです。

ネットワークトポロジー

あるいは、ケーブルを1本用意して、そのケーブルにそれぞれのコンピュータをつなぐネットワーク形態を「バス型ネットワーク」と言います。
こいつの中心となるケーブルが「バス」という名前だからです。

ネットワークトポロジー2

あるいは、リング型ネットワークというのもあります。
輪っかにしたケーブルを1本用意して、その輪っかケーブルにそれぞれのコンピュータをつなぐネットワーク形態です。
見た目が輪っかだからリングですね。

ネットワークトポロジー3

他にもあるでしょうが、これくらいにしておきましょう。

今回例に出した「スター型ネットワーク」「バス型ネットワーク」「リング型ネットワーク」はネットワークのモデル(模型)です。
実際にネットワークを作るときは、線の数が増えたり、つなぐコンピュータの数が減ったりするでしょう。
ネットワークそれぞれによって、形は違うはずです。

ですが、細かい違いを無視して一般化したら、この○○型ネットワークのどれかにはなりそうですね。

このように、細かい違いを無視してネットワークの形を抽象化・一般化したものが「ネットワークトポロジー」です。

ネットワークトポロジーには「物理トポロジー」と「論理トポロジー」があります。
「線はどうつなぐの?」に注目して見たのが物理トポロジーです。
「データはどう流れるの?」に注目して見たのは論理トポロジーです。

例えばピヨ太君の会社で新しく作ったネットワークは、線のつなぎ方が星っぽい形でした。

ネットワークトポロジー4

ですが、中を流れるデータはバケツリレー方式、輪っかの中を進むように受け渡しされる形だったのです。

ネットワークトポロジー5

このようなネットワークは「物理トポロジーはスター型で論理トポロジーはリング型だね」と言ったりします。

ネットワークの形を抽象化・一般化したのがネットワークトポロジーです。
抽象化・一般化するときに、線のつなぎ方に注目して抽象化・一般化したものを物理トポロジー、データの流れに注目して抽象化・一般化したものを論理トポロジーと言います。
できれば、まとめて覚えちゃってください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ネットワークトポロジー」って単語が出てきたら「ネットワークの形をモデル化したものなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク