[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

半二重通信

pointこの用語のポイント

point通信だよ

point送るのと受け取るのを同時にはできないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

半二重通信とは

トランシーバーっぽい通信のこと。
もう少し具体的に書くと

送ってるときは受け取れないよ、受け取ってるときは送れないよ(送るのと受けるのを同時にはできないよ)、な通信方式
です。

image piyo

詳しく書くよ

ズバリ!送っているときは送るだけ、受け取っているときは受け取るだけしかできないのが「半二重通信」です。

トランシーバーのように相手が話しているときは聞くだけ、自分が話しているときは話すだけ、聞くか話すかのどちらかしかできないイメージです。

半二重通信

あるいは、対向車がすれ違うことのできない細い道路のイメージですね。

半二重通信2

左から車が来ているときは右からの車は通れません。
逆に右から車が来ているときは左からの車は通れません。

半二重通信3

両端から車が走ってくると、ぶつかってしまいます。

半二重通信4

そんな2つのことを同時にできない不器用さんが半二重通信です。

ちなみに「送るのと受け取るのを同時にできますよ」な通信方式は「全二重通信」と言います。
併せて覚えてあげてください。

半二重通信は一度にできるのは送るか受け取るかのどちらかです。
そのため、自分が何か送っているときに相手から送られるとデータ同士がぶつかって壊れてしまいます。

一方、全二重通信は受け取りながら送れます。
ですから、自分が何か送っているときに相手から送られても特に問題はありません。

最近は全二重通信が主流ですが、リピーターハブのように半二重通信な機器もちらほらと残っています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「半二重通信」って単語が出てきたら「送るのと受けるのを同時にはできない通信方式なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク