[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

プル型

pointこの用語のポイント

point相手からの攻めを待つやり方だよ

pointまずは相手からの働きかけを待つよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

プル型とは

相手からの攻めを待つやり方。
もう少し具体的に書くと

使う人からのアクションがあって、はじめてこちらも動き出すやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

使う人がぼーっとしている間はこっちもぼーっとしているのが「プル型」です。
狩りに例えると、罠を張って獲物が引っかかるのを待つイメージですね。

プル型

例えば本なんかはプル型と言えるでしょう。
読む人がページをめくらないでぼーっとしていれば、本自体も動かないでぼーっとしています。

プル型2

もう少しITっぽい例を出すと……そうですね。
わざわざ例を出すまでもないほど、通信系をはじめてとして、システムやソフトの大部分はプル型ですね。
使う人の操作を待って動き出す、使う人のアクションに対して何らかの反応を示すのは、プル型です。

ちなみに、使う人がぼーっとしていても、こちら側から主体的に働きかけてあげるやり方は「プッシュ型」と呼ばれます。
例えばテレビとかですね。見ている人がぼーっとしていても、何かかにか映像や音楽が映し出されます。

プル型3

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「プル型」って単語が出てきたら「相手からの働きかけを待つんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク