[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アウトバウンドマーケティング (outbound marketing)

pointこの用語のポイント

pointマーケティングのやり方だよ

point情報をこちらから積極的に発信するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アウトバウンドマーケティング (outbound marketing)とは

相手に振り向いてもらうための努力をするマーケティングのやり方。
もう少し具体的に書くと

商品の情報やなんかをこちら側から積極的に「お届けする」マーケティングのやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

アウトバウンド」+「マーケティング」で「アウトバウンドマーケティング」です。

アウトバウンドマーケティング

アウトバウンドは「中から外へ向かう流れ」ね。
箱に入っていたミカンが外に飛び出すイメージです。

アウトバウンドマーケティング2

マーケティングは、そのまんま「マーケティング」です。

それを踏まえて、例えば見込み客のところに電話を掛けて「この度、すんばらしい商品が発売されたんですよ~、お買い得ですよ~」とアピールしたり、広告を出したり、業界のなんちゃら展に出展したりですね。
こちらから主体的にアピールしていくマーケティングのやり方がアウトバウンドマーケティングです。

よく分からなければ、予備知識の無い状態で「営業」「広告」と聞いて、パッと思い浮かべるやり方だと思っても構いません。
「ねー、ねー、買ってー、買ってー」とアピールしまくるマーケティングのやり方です。

アウトバウンドマーケティング3

アウトバウンドマーケティングは「プッシュ型のマーケティング」と表現される場合もあります。
プッシュ型は「こちら側から攻めて行くやり方」ね。
狩りに例えれば、鉄砲をばんばん撃ったり、弓矢をびゅんびゅん飛ばして獲物を狩るイメージです。

アウトバウンドマーケティング4

なお、アウトバウンドマーケティングの対義語は「インバウンドマーケティング」です。
インバウンドマーケティングの意味は「相手から見つけてもらうマーケティングのやり方」ね。

アウトバウンドマーケティングとインバウンドマーケティングはセットで出てくることが多いので、併せて覚えてあげてください。

ただし、具体的な違いは、あまり突っ込まない方が良いです。

あまり細かく分類しようとすると「あれ?これはアウトバウンドマーケティング?インバウンドマーケティング?」と混乱するかもしれません。
考え過ぎないようにご注意くださいね。

私の中のイメージでは、お客さまが道を歩いていたとして「こっちを見て!」と自分の方を振り向いてもらおうとするのがアウトバウンドマーケティングで「こっちを見て!」とお客さまの視界にちらちら入ろうとするのがインバウンドマーケティングです。

アウトバウンドマーケティング5

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「アウトバウンドマーケティング」って単語が出てきたら「こちらから情報をお届けするマーケティングのやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク