[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

インバウンドコール (inbound call)

pointこの用語のポイント

pointお客さまから自分たちに電話が掛かってくることだよ

pointお問い合わせ電話対応のことだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

インバウンドコール (inbound call)とは

外から中に向けて発信された電話のこと。
もう少し具体的に書くと

企業やコールセンターにおいて、お客さまやお客さま候補から掛かってくる電話を受けること
であり

お問い合わせ電話対応のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

インバウンド」+「コール」で「インバウンドコール」です。

インバウンドコール

インバウンドは「外から中へ向かう流れ」ね。
ミカンが箱に入ってくるイメージです。

インバウンドコール2

コールは、ここでは電話のことだとお考えください。
もしもしです。

インバウンドコール3

つまり、お客さま側から会社側に掛かってくる電話、お問い合わせの電話が、インバウンドコールです。

インバウンドコール4

「インバウンドコール」という言葉はコールセンターの現場でよく登場します。

例えば、使い方のお問い合わせだったり、修理の依頼だったり、理不尽なクレームだったりですね。
自分たちは掛かってくるのをぼーっと待ってるだけなので「守りの電話」と呼んでも良いかもしれません。

ちなみに、インバウンドコールの対義語は「アウトバウンドコール」です。
余裕があれば覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「インバウンドコール」って単語が出てきたら「お客さまから掛かってきた電話を受けることなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク