[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アウトバウンドコール (outbound call)

pointこの用語のポイント

point自分たちからお客さまに対して電話を掛けることだよ

point営業電話のことだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アウトバウンドコール (outbound call)とは

中から外に向けて発信された電話のこと。
もう少し具体的に書くと

企業やコールセンターにおいて、自分たちからお客さまやお客さま候補に対して電話を掛けること
であり、ぶっちゃけて書くと

営業電話のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

アウトバウンド」+「コール」で「アウトバウンドコール」です。

アウトバウンドコール

アウトバウンドは「中から外へ向かう流れ」ね。
箱に入っていたミカンが外に飛び出すイメージです。

アウトバウンドコール2

コールは、ここでは電話のことだとお考えください。
もしもしです。

アウトバウンドコール3

つまり、会社側からお客さま側に掛ける電話、いわゆる営業電話が、アウトバウンドコールです。

アウトバウンドコール4

「アウトバウンドコール」という言葉はコールセンターをはじめとしたテレアポ系の現場でよく登場します。

例えば顧客満足度のアンケートだったり、新商品のご案内だったりですね。
自分たちから積極的に掛ける電話なので「攻めの電話」と呼んでも良いかもしれません。

ちなみに、アウトバウンドコールの対義語は「インバウンドコール」です。
余裕があれば覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「アウトバウンドコール」って単語が出てきたら「会社側からお客さまに対して電話を掛けることなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク