[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

SQL

pointこの用語のポイント

point言語だよ

pointデータベースとやり取りするときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

SQLとは

データベースとやり取りするときに使う言葉(のひとつ)
です。

image piyo

詳しく書くよ

データベースは「データを入れておく箱」ね。
突っ込んで考えると混乱するかもしれません。
何となくのフィーリングで理解してください。

SQL

それを踏まえて、データーベースさんとコミュニケーションをするときに使う言葉が「SQL」です。

読みは「エス・キュー・エル」や「シークェル」です。
私自身は「エス・キュー・エル」派です。

Structured Query Language(ストラクティド・クエリー・ラングエッジ)」の略で「SQL」ですが、別に覚える必要はありません。
知っていても何の役にも立たない無駄知識です。

会話の中で「SQL」という用語が出てきたら「ふむふむ、データベースさんとやり取りするんだな」と解釈してください。

例えば、日本人と話すときは日本語を使います。
イギリス人と話すときは英語を使います。
それと同じノリで、データベースさんと話す時はSQL語を使うのです。

SQL2

SQLが使えるかはデータベースの種類によりますけどね。
OracleMySQLSQLServerPostgreSQLなんかの有名どころは使えます。

「ね~ね~、このデータを持っておいてよ」とお願いしたり「こんなデータってあるかな?」と訊いてみたりデータベースさんとコミュニケーションを取るときは、このSQLって言語を使ってやり取りするのです。

SQLを使ったデータベースに対する命令の基本的な書き方は、以下の通りです。

■検索
select 項目1, 項目2 from テーブル1 where 項目3='条件1';

■追加
insert into テーブル1 (項目1, 項目2) values('値1', '値2');

■更新
update テーブル1 set 項目1 = '値1', 項目2 = '値2' where 項目3='条件1';

■削除
delete from テーブル1 where 項目3='条件1';

検索は「select」を、追加は「insert」を、更新は「update」を、削除は「delete」を、それぞれ使います。
「from」に続けて取得対象のテーブルを指定します。
「where」以降は処理対象のデータを指定する条件文です。

これらの書き方は、SQLにおける基本中の基本です。
これくらいは何も見なくても書けるように覚えてしまってください。

他にも検索結果の並び替えや、集計など、細かい条件指定の仕方が、たくさんあります。
それらの細かい部分は、必要になったときに調べれば良いと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「SQL」って単語が出てきたら「データベースさんと会話するときに使う言葉なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク