[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

無線LANコンバータ

pointこの用語のポイント

point有線LANと無線LANの中継役だよ

point無線LANアダプタの仲間だよ

point無線LANアダプタはパソコンにくっつけるけど、無線LANコンバータはLANケーブルにくっつけるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

無線LANコンバータとは

「イーサネットコンバータ」のこと。
つまり

無線LANアダプタの親戚
であり

ビビビーっと飛んできた無線LANの電波をLANケーブルの中を通れる形に変換したり、逆にLANケーブルの中を通ってきたデータを無線LAN用の電波に変換してくれる機械
です。

有線LANと無線LANの中継役をやってくれる機械
と考えても構いません。

image piyo

詳しく書くよ

無線LAN」+「コンバータ」で「無線LANコンバータ」です。

無線LANコンバータ

無線LANは「電波でビビビーな通信のやり方」です。
インターネットっぽい通信をする際のやり方の1つです。
線(LANケーブル)の代わりに電波を使って、情報を伝えます。

無線LANコンバータ2

コンバータは「何かを何かに変換する機械やプログラム」です。
コンバート(何かを何かに変換すること)が、お仕事です。

無線LANコンバータ3

以上を踏まえて、LANケーブルの中を通ってきたデータを無線LAN用の電波に変換したり、ビビビーっと飛んできた無線LANの電波をLANケーブルを通れるように変換する機械が、無線LANコンバータです。
有線LANと無線LANの中継役をやってくれる機械です。

無線LANコンバータ4

あれあれ?
無線LANをするときに必要な機械って「無線LANアクセスポイント」や「無線LANアダプタ」じゃありませんでしたっけ?

確かに、そうです。

ここで一旦、無線LANの基本を復習しておきましょう。
無線LANを使ってインターネットをするには

1.パソコンからビビビーと発射された電波を受け取る機械
2.電波をビビビーと発射する、パソコンに付ける機械


の2つが必要です。

無線LANコンバータ5

この2つの役割は逆になることもあります。

1.パソコンに向けて電波をビビビーと発射する機械
2.パソコンに向けてビビビーと発射された電波を受け取る、パソコンに付ける機械


です。

無線LANコンバータ6

この2つの機械のうち

1.パソコンからビビビーと発射された電波を受け取る機械
(1.パソコンに向けて電波をビビビーと発射する機械)


を「無線LANアクセスポイント」と言います。

無線LANコンバータ7

もう一方の

2.電波をビビビーと発射する、パソコンに付ける機械
(2.パソコンに向けてビビビーと発射された電波を受け取る、パソコンに付ける機械)


は「無線LANアダプタ」です。

無線LANコンバータ8

さて、ここまでの話で

1.無線LANアクセスポイント
2.無線LANアダプタ


が登場しました。

無線LANコンバータ9

無線LANコンバータは、出てきていませんね。
ここで、無線LANアダプタの方に注目してください。

無線LANコンバータ10

無線LANコンバータは、無線LANアダプタの代わりになる機械です。
有線LANと無線LANの中継役をやってくれます。

もう少し細かく見てみましょう。

無線LANアダプタは、無線LANを使うときに「パソコンにくっつける部品」です。
パソコンさんに後からポチっとくっつけるものもあれば、パソコンさんに最初から内蔵されていることもあります。
パソコンさんから出ていくデータを無線LANの電波に変換してくれる機械です。

無線LANコンバータ11

無線LANアダプタは

パソコンを無線LANに対応させる機械

であり

パソコンにくっつける部品

です。

ポイントは「パソコン」ですね。
パソコンにくっつけて、パソコンを無線LANに対応させる機械が、無線LANアダプタです。

一方の無線LANコンバータは「LANケーブルにくっつける部品」です。
有線LANだったものを途中から無線LANに変えてくれます。

無線LANコンバータ12

無線LANコンバータは

有線LANを無線LANに変換する機械(LANケーブルの中を通る電気信号を電波に変換する機械)

であり

LANケーブルにくっつける部品

です。

こちらのポイントは「LANケーブル」です。
LANケーブルにくっつけて、有線LANを無線LANに変換(LANケーブルの中を通る電気信号から電波に変換)する機械が、無線LANコンバータです。

無線LANアダプタと無線LANコンバータの役割は同じです。
パソコンから出たデータをビビビーな電波にして、無線LANアクセスポイントさんに届けるのが、お仕事です。

ただし、くっつける場所が違います。

無線LANアダプタは、パソコンに直接くっつけます。
そして、パソコンにくっつけた無線LANアダプタが、電波ビビビーします。
無線LANアダプタは、パソコンさんから出るデータを最初から無線にするイメージです。

無線LANコンバータ13

それに対して、無線LANコンバータはLANケーブルにくっつけます。
パソコンさんには普通にLANケーブルを挿します。
無線LANコンバータは、最初は有線だったものを、LANケーブルの途中で無線に変換するイメージです。

無線LANコンバータ14

また、無線LANアダプタを使った場合、パソコンさんにとっては、新しい装備が増えます。
装備が増えたら設定をしなくてはなりません。
自動でやってくれる場合も多いですけどね。
いずれにせよ、有線LANとは違いが出てきます。

無線LANコンバータ15

無線LANコンバータを使った場合は、パソコンさんにとっては、有線と同じです。
途中で無線になろうと、そんなことは知ったこっちゃありません。
有線LANのときと同じように、LANケーブルにデータを流していますからね。

無線LANコンバータ16

無線LANコンバータをくっつけても、パソコンさんに新しい装備は増えません。
装備が増えないのであれば、特別な設定も必要ありません。
言い方を変えると

パソコンを無線LANに対応させないで無線LANが使える

ようになります。

有線LANが使える機器であれば、パソコンさん以外の機器でも同じです。
それこそ、テレビでも、ゲーム機でも、電子レンジでも、(有線LANが使えれば)無線LANが使えるようになります。

ここまでの説明がよく分からなければ、宅急便の集荷をイメージしてください。

普段は有線さんが荷物を取りに来てくれているとします。

荷物の集荷を依頼したとき、有線さんが取りにきてくれて、途中で無線さんに引き継ぐのが無線LANコンバータです。
いつも来てくれる有線さんが荷物を持って行ってくれます。

無線LANコンバータ17

最初から無線さんが取りに来るのが無線LANアダプタです。
いつもとは違う無線さんが荷物を持って行ってくれます。

無線LANコンバータ18

これが無線LANコンバータと無線LANアダプタの違いです。
表にまとめると、以下のようになります。

-無線LANアダプタ無線LANコンバータ
役割パソコンを無線対応有線と無線の変換
くっつける場所パソコンLANケーブルの先
パソコンにとって無線有線
パソコンの設定必要不要


接続する機器から見たときに、無線であることを意識しなくて良いのが、無線LANコンバータの魅力(の一つ)です。
有線っぽい気分で無線が使えます。

なお、無線LANコンバータは「イーサネットコンバータ」と呼ばれる場合もあります。

無線LANコンバータは「有線(イーサネット)」と「無線(無線LAN)」の「変換(コンバート)」をする機械です。
「無線(無線LAN)」に注目すれば「無線LANコンバータ」です。
「有線(イーサネット)」に注目すれば「イーサネットコンバータ」になります。
物としては同じです。

個人的には「イーサネットコンバータ」の方が一般的な呼び方のような気はしますが、どちらでも構わないと言えば構わないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「無線LANコンバータ」って単語が出てきたら「有線LANと無線LANの変換を行ってくれる機械なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク