[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

コンバータ (converter)

pointこの用語のポイント

point何かを何かに変換する奴だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

コンバータ (converter)とは

コンバートするのがお仕事の奴のこと。
つまり

何かを何かに変換する機械やプログラムのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

コンバートは「何かを何かに変換すること」ね。

コンバータ

このコンバートをお仕事としている奴等、データなりプログラムなり信号なりを別の形に変換してくれる機械やソフトウェアが「コンバータ」です。

コンバータ2

「コンバート(convert)」+「~する人(er)」で「コンバータ(editor)」ですね。
「人じゃないじゃん!」とツッコミたくなるかもしれませんが、ゆるく捉えてください。

随分ざっくりした説明に聞こえるかもしれませんが、それは用語の使われ方自体がざっくりしているからです。

例えば、電気関係の話で登場する「コンバータ」は、電気の交流(AC)直流(DC)を変換する機械を指します。

専門外なのではっきりしたことは言えませんが、付け焼刃の知識によると、交流(AC)から直流(DC)に変換する機械を指して、一般的に「コンバータ」や「AC-DCコンバータ」と呼ぶようです。

ちなみに直流(DC)から交流(AC)に変換する機械は「DC-ACインバータ」もしくは単に「インバータ」と呼びます。

ただし「AC-ACコンバータ」「DC-DCコンバータ」という言葉もあるようです。

電気の変換がお仕事の機械は基本的に「コンバータ」です。
その中でも「直流→交流」の変換を行う機械だけ「インバータ」と呼ばれている、と私は解釈しました。

表にまとめると、以下のようになります。

変換機械
交流(AC)→直流(DC)コンバータ、AC-DCコンバータ
交流(AC)→交流(AC)AC-ACコンバータ
直流(DC)→交流(AC)インバータ、DC-ACインバータ
直流(DC)→直流(DC)DC-DCコンバータ


これが電気関係の話で登場するコンバータです。

一方、コンピュータ関係の話で登場した場合はケース・バイ・ケースです。

例えば、Excelで開けるファイルの形式をメモ帳で開けるように変換してくれるプログラムはコンバータです。

コンバータ3

MP3形式の音楽データをWMV形式に変換するソフトもコンバータです。

コンバータ4

あるいは有線LAN無線LANをつないでくれる機械(有線LANと無線LANの変換を行ってくれる機械)を「無線LANコンバータ(イーサネットコンバータ)」と呼んだりもします。

コンバータ5

他にも、いろいろなコンバータがあるはずです。

「コンバータ」という用語は、いろいろなシーンで登場します。
共通するのは何かを何かに変換することです。
何を変換するか、何に変換するかは、ものによって異なります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「コンバータ」って単語が出てきたら「変換するのが仕事の奴なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク