[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.eps【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointEPSファイルに付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.eps【拡張子】とは

ファイルの種類を表す目印(拡張子)のひとつ
であり

EPSファイルに付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

EPS
EPSファイル
拡張子


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

EPSは「印刷とかに向いている画像形式」です。
印刷するときにあると便利な情報が、あれやこれやと埋め込まれます。

EPSファイルは「EPS形式の画像ファイル」です。
紙に印刷する前提で画像ファイルを作るときに使う形式です。

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.eps

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.eps2

以上を踏まえて、EPSファイルに、よく付いている拡張子が「.eps」です。

.eps3

「eps」の読み方については「イーピーエス」と読む人が多いと思います。
そのまんま、アルファベット読みですね。

拡張子が「.eps」のファイルは、フォトショップ(Adobe Photoshop)イラストレーター(Adobe Illustrator)をはじめ、形式が対応しているフリーソフトでも開けます。
パソコンさんの中に最初から入っているソフトでは、おそらく開けないと思います。
「eps フリーソフト」あたりをキーワードにしてGoogleYahoo!などで検索してみてください。
きっと対応しているソフトが見つかるはずです。

拡張子が「.eps」のファイルは、パンフレットやポスターなどの紙媒体で使用するものをデザインする際に、よく使われます。
印刷用の情報が付与されているので当たり前ですね。
印刷するときに本領発揮するやつです。

逆に、コンピュータの中で完結するものについては、拡張子「.eps」で保存する意味は、あまりないと思います。
例えば、ホームページのデザイン画像とかは(印刷しないのであれば)他の形式にするのではないでしょうか。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.eps」って拡張子が付いていたら「EPSファイル(印刷に向いた画像ファイル)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク