[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

EPS

pointこの用語のポイント

point画像ファイルの形式だよ

point印刷とかに向いている形式だよ

pointPostScriptというページ記述言語を下地にしてるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

EPSとは

画像ファイルの形式で、プリンタとかに流し込むときに良い感じになる奴のこと。
よくある説明は

アドビシステムズが作ったPostScriptというページ記述言語を下地にした画像形式のこと
ですが、もう少し分かりやすく書くと

印刷をするときにあると便利な情報が埋め込まれた画像形式
となります。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

アドビシステムズは会社の名前ね。
フォトショップ(Adobe Photoshop)とかイラストレーター(Adobe Illustrator)とかを作っている会社さんです。

PostScriptというのは「アドビシステムズ社さんが作ったページ記述言語」です。
ページ記述言語は「プリンタさんに対して印刷に関する指示をするときに使う言葉」ですが、よく分からなければプログラミング言語の仲間だとお考えください。

それを踏まえて「印刷をするときにあると便利な情報が埋め込まれた画像形式」が「EPS(イーピーエス)」です。
Encapsulated PostScript(エンカプセレーティド・ポスト・スクリプト)」の頭文字を取って「EPS」ね。

それでは、例を挙げて見てみましょう。

ある日、ピヨ太君は髪を切りに行きました。
ピヨ太君は恥ずかしがり屋さんなので、無口です。
特に注文することもなく、ただ黙って座って身を委ねます。

EPS

美容師さんとしては、楽だけどちょっと困りますよね。
もみあげをどれくらいの長さにすれば良いのか、前髪は残すのか、はっきりと教えてもらった方が助かります。

おっと、ピヨ子さんも髪を切りにきました。
ピヨ子さんはおしゃれさんなので、結構口やかましいです。
どんな髪型にして欲しいか、懇切丁寧に説明します。

EPS2

美容師さんとしては、鬱陶しいけど楽ですよね。
どんな髪型にして欲しいのか伝わりやすいので、より要望に沿った結果になりやすいです。

このお話における、ピヨ太君が「EPS以外の画像形式」、ピヨ子さんが「EPS形式」、美容師さんが「プリンタ」です。

EPS形式の画像には、印刷をするときに意識して欲しい注文が埋め込まれています。
ですから、ファイルサイズだけを見ると、他の画像形式より気持ち大きめになるでしょう。
その代わり、印刷をするときに高い品質が出しやすい(プリンタさんの性能をフルに活用しやすい)のです。

このような理由から、印刷屋さんに印刷をお願いした際には「印刷するファイルはEPS形式で送ってけろ」と言われる場合があります。
有名シェフに材料持ち込みで料理を作ってもらうときに「鮮度の良い食材を持ってきてね」と言われるのと似たようなものですね。
「俺は最高の腕(知識)と道具(プリンタ)を揃えている!あとは最高の素材(印刷に適した形式のファイル)があれば素晴らしい料理(印刷物)を完成させられる!」というわけです。

例えばデザインのお仕事を依頼して、出来上がったものをEPS形式のファイルで送ってくれる人は、紙に印刷する場合を想定して気を利かせてくれているのだと思います。
ダブルクリックしても開けない!」と怒らないであげてくださいね。

ちなみにEPS形式のファイルは、フォトショップやイラストレーターはもちろん、形式が対応しているフリーソフトでも開けます。
「eps フリーソフト」で検索すると、いろいろでてきますよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「EPS」って単語が出てきたら「印刷とかに向いている画像形式なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク